2017年07月13日

ヤマモミジ(Acer amoenum var. matsumurae)2次伸び

170713_web_A_a_matsumurae_sg_170713_01_02_1200_PC_900.jpg


今日も真夏日の一日でした。室温が30℃、頭がボーッとしています。19:30の気温は23℃。室内はまだまだ下がりません。
ヤマモミジの2次伸びです。
春先に頂芽や側芽が開葉し、幹や枝が伸び始めます。ヤマモミジは春先に一斉に葉が開くタイプで、夏までには葉は開ききり、若葉のころのしなやかな感じはなくなって堅く締まった触り心地になります。ところが、真夏近くになると幹や枝の頂芽がまた開いて、葉が広がり始めます。2次伸び(2次伸長)と呼ばれるようです(調べてはみたのですが、定義や仕組みはよくわかりません)。2次伸びの葉は芽吹いたときや若葉の時、葉先が赤いものがけっこう見られます。ハルニレはその代表的な例です。
ヤマモミジも芽吹いたばかりの時にはこのように真っ赤です。あれっ、これが展葉したらどうなるんだったっけ?今日はスキャン用に採取してしまったのでこれ以上観察を続けられませんが、ほかの枝で観察してみましょう。
2017/07/13

〔参考文献〕
菊沢喜八郎,1983,北海道の広葉樹林152pp,(社)北海道造林振興協会
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:31| Comment(0) | Etc

2017年07月10日

ナワシロイチゴ(Rubus parvifolius)花

170710_web_R_parvifolius_FL_170710_01_04_300_PC_900.jpg


今日も暑い一日でした。所用があって苫小牧に行ってきたのですが、避暑にはなりませんでした。それでも昨日よりもましですよ、ということでしたが…。21:10の気温22℃。PCで作業をしている部屋の室温、相変わらずで30℃。
ナワシロイチゴの花、苫東産です。
花弁がパッと開くというタイプではなく、蕊が覗いているのでこの状態で開花ということになるようです。もうちょっと開くかもしれないと思って水挿ししているのですが、イチゴ類は萎れるのが早いので明日の朝にはどうなっていることやら…。
若いときに苫東の現場に入っていました。造成前の現場でナワシロイチゴを摘んで家に持ち帰り、奥さんにジャムをつくってもらったことを思い出しました。
2017/07/10
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:26| Comment(0) | Flowers

2017年07月09日

エゾマイマイ(Ezohelix gainesi)殻

170709_web_E_gainesi_170708_01_03_300_L_PC_900.jpg


金曜日から真夏日が3日続きました。真夏日は7月20日ころからという感覚があるので、何か早いなぁという気がします。19:00の気温23℃。さすがに熱帯夜ということはありませんが、私の部屋は西向で夕陽が差し込むのでかなり「あ・つ・い!!!」。
エゾマイマイの殻です。すでに本体はなく、殻だけが落ちていました。昨日の「ときわ自然散歩」のお土産です。来年の授業ネタにしようと思って、自然ウオッチングセンターの島田さんが見つけたものをいただいてきました。
植物の形に関する授業の中で、フィボナッチ数の話をしています。植物だけではなく動物も、ということで、具体的な例を示しながら話を進めてみたいと思っています。
フィボナッチ数については以前書いていますので、こちらからご覧下さい。
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/177913554.html
※PC3台・NAS2台稼働中なので、暖房を入れているような状態です。19:22現在の室温29℃。窓は開けているのですが、うまく空気が抜けていかない…。ふ〜。
2017/07/08


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:25| Comment(0) | Etc