2019年01月24日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)花

web_190124_H_paniculata_190124_FL_110801_01_1200_CL_PC_900.jpg


私の家の付近では思ったよりも天候が荒れずにすみました。ただまだしんしんと降っていて、明日の朝までけっこう積もりそうな勢いです。22:20の気温マイナス3℃。
ノリウツギの花、装飾花も一緒です。
いろいろ原稿を書く都合があって整理しています。季節外れの画像です。
和名の由来、「糊空木」です。内皮に粘液が多く、美濃地方などでこれを製紙用の糊として利用したのでノリノキと呼ばれ、それと髄がたいへん柔らかく針金などですぐに通ることから、「糊空木」になったのではないでしょうか。学生時代、初めての実習で苫小牧演習林(今は研究林)に行ったとき、髄が簡単に通るのでパイプをつくって遊んだことを思い出します。
和紙の糊の材料として、北海道から移出されていたようです。上原(1961)によると、函館営林局の調査では樹齢と直径は次のようになっていたとのこと。
樹齢(年) 直径(cm)
  1     1.0
  5     2.1
  10     3.0
  15     3.6
  20     4.3
  25     4.8

低木類の成長データはたいへん珍しいですね。
2011/08/01

〔参考文献〕
上原敬二,1961,樹木大図説1,1309pp,有明書房


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:42| Comment(0) | Flowers

2019年01月20日

クロミノウグイスカグラ(Lonicera caerulea ssp. edulis var. emphyllocalyx)花と果実

web_190120_L_c_e_emphyllocalyx_40_180530_03_02_170706_02_02_300_PC_900.jpg


曇り空でしたが、気温が0℃近くまで上がり、外遊びには最高の日でした。20:00の気温マイナス5℃。
クロミノウグイスカグラの花と果実です。北海道民としては「ハスカップ」の方がわかりやすいかな。
対生の葉の葉腋に花芽をつけます。以前も書いたのですが、2つの花の子房が合一しているのであたかも1つの子房から2つの花が咲いているように見えます。左が開花、右が果実の状況です。

以前、クロミノウグイスカグラの和名の由来を調べたことがあります。
「ウグイスカグラの仲間で、実が黒いから」というのが名前の由来ということになります。
が、ウグイスカグラは、というと、よくわかっていないらしいという見解が多いのです(牧野,1961)・(城川ほか,2001)。
ただ辻井(2006)は『これは、「ウグイスの鳴き始める早春に・お神楽の舞に似た」花、というなんと手の込んだものである。なるほどスイカズラやヒョウタンボクの花びらが反り返ったり、雄蘂が長く伸びたりしている様子は、そういえば巫女が舞っているさまに似ていないこともない』とけっこう断定的に書いています。この本の主な参考文献を見ると「朝日百科 植物の世界」が載っているので、そちらに目を通すと『この花の形を神楽の舞に見立てたのだという(福岡,1994)』とありました。また、別名としてウグイスノキといい、ウグイスの鳴く早春に花が咲くことから名付けられた、とあります。

ここからは私が想像をたくましくして、名前ができていった過程を再整理してみることにします。
@最初は、ウグイスが鳴くころに咲く木として、今は別名とされているウグイスノキという名が付いた
A開花期だけではなく花の形も名前に取り入れ、神楽の舞に似ていることから「ウグイス+カグラ」となった。
というようなことでしょうか。

ところが、よくはわからないけれど、という前置きをしながらこれとはちょっと違う由来を書いているものもあります。カグラはカウラが転訛したもので、「狩り座」がなまったもの、つまりウグイスなどの小鳥を捕らえる場所の意味だというのです(城川ほか,2001)。定説がないということで、さらにもうひとつありました。ウグイスが飛び跳ねながら、この花や実をついばむ姿を見て、神楽を踊っているように見えたので(高橋,2002)。
一方は「舞」というちょっと優雅な姿、一方は「罠」とでも言っていいような実用的な姿。どちらが本当の由来なのかわかりませんが、できれば優雅な方から名付けられたと思いたいなぁ…。
2018/05/30・2017/07/06

〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
城川四郎・高橋秀男・中川重年ほか解説/茂木透 写真,2001,山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物,719pp,山と渓谷社
辻井達一,2006,続・日本の樹木 山の木、里の木、都会の木,230pp,中公新書,中央公論社
福岡誠行,1994,ケヨノミ 週刊朝日百科 植物の世界9,1-284,朝日新聞社
高橋勝雄,2002,山渓名前図鑑 野草の名前 春,367pp,山と渓谷社


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:42| Comment(0) | Flowers

2019年01月19日

エゾニワトコ(Sambucus racomosa ssp.kamtschatica)つぼみ

web_190119_S_r_kamtschatica_bud_170416_40_01_PC_900.jpg


とても穏やかないい天気でした。といっても、今日は一日中引きこもっていたので、窓から眺めている限り、ということです。19:00の気温マイナス5℃。
エゾニワトコのつぼみです。
ちょうど芽吹いたばかりの状態を採取してきて、開いたつぼみをスキャンしたほか、断面を観察しています。
円錐花序で、このつぼみのつぶつぶが一個々々の花になります。山渓の「樹に咲く花」の著者は、『開花前の花序はブロッコリーに似ている』と表現しています。
APG体系では今までと異なる分類になっています。ニワトコ属はスイカズラ科(Caprifoliaceae)からレンプクソウ科(Adoxaceae)へ所属替えです。
2017/04/16

〔参考文献〕
茂木透 写真,城川四郎・高橋秀男・中川重年ほか 解説,2001,山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物,719pp,山と渓谷社
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info ,2019/01/19
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:41| Comment(0) | Etc