2016年09月11日

キノコ その3

160911_web_Fungus_03_160910_01_01_300_600.jpg


曇り、今は陽が差してします。11:00の気温18℃。
カワラタケ(Coriolus versicolor)と思われるキノコです。
カワラタケは主に広葉樹の枯れ木、倒木、切り株などに群生するキノコで、図鑑には灰色のものが載っています。ただ、褐色や帯黒色など多彩な環紋を持つとされています。種小名versicolorは「斑入の, 変色の, 種々の色の」という意味。なるほどです。特にかさが黒いものはクロクモタケと呼ばれるそうです。ですからこれはクロクモタケ。
うちの庭では、ミズキの枯れた根に群生しています。
図鑑によれば『最近、本菌には強い抗がん作用が認められ、これはクレスチンという薬品名で利用されている』。
う〜ん、うちの庭には売るほどはなさそう…。
2016/09/10

〔参考文献〕
露崎史郎,言語: ラテン語・ギリシャ語,http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~tsuyu/top/dct/language-j.html(
2016/09/11閲覧)
高橋郁雄,1991,北海道きのこ図鑑,363pp,亜璃西社
※クレスチン:第一三共株式会社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:31| Comment(0) | キノコ

2016年09月09日

キノコ その2

160909_web_Fungus_02_160909_40_01_300_600.jpg


お昼近くまで降っていて、その後どんよりと曇っていました。19:30の気温16℃。急に秋めいていくような気がします。
今日もキノコです。雨上がりに庭から採ってきました。
あまり続けるとScan Botanicaじゃなく、Scan Fungiになってしまいますね。まぁ、同定できないからそんなふうにはならないでしょうが…。
図鑑を眺めた限りでは「ニオイコベニタケ(Russula mariae」ではないかと思います。検索の決め手がわからないので、「と思います」以上のことが言えません。『雨後に退色しやすい』とあり、図鑑によっては退色した写真が載っているものもあります。
ネットで調べると、カブトムシのような臭いがすると書いてあります。酪農学園大の「RGU生物図鑑」では『クワガタムシのような甲虫の臭いがします』。甲虫類の臭いを嗅いだことがないからだけど、今日のはあまり臭わなかったと思います。乾いた状態なら臭うのかしら?
2016/09/09

〔参考文献〕
高橋郁雄,1991,北海道きのこ図鑑,363pp,亜璃西社
五十嵐恒夫,2006,北海道のキノコ,375pp,北海道新聞社
※学名は両図鑑による。
酪農学園大「RGU生物図鑑」 『ニオイコベニタケ』(匂小紅茸)
http://www.rakuno.ac.jp/article-48671.html(2016/09/09閲覧)
※検索したらヒットしたが、トップページからは「RGU生物図鑑」にたどり着けそうもない。
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:59| Comment(0) | キノコ

2016年09月08日

キノコ

160908_web_Fungus_160908_40_01_300_600.jpg


曇り。13:00の気温18℃。台風13号から変わった低気圧の影響で、またお天気が荒れそうです。
キノコです。うちの庭に生えていました。
キノコはほとんどわからないので避けていましたが、けっこう「やってみたら」というリクエストも多かったので試しにスキャンしてみました。
どなたかわかる方がいらっしゃったら、名前を教えてください。
キノコ、どのくらいの時間で鮮度が落ちるのかわからないので、とりあえず庭に生えているものを中心に何種類かスキャンしてみたいと思っています。ほとんど同定できないので、その都度「教えてください」の連発になりそうです。
2016/09/08
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 13:16| Comment(0) | キノコ