2019年09月11日

オオカメノキ(Viburnum furcatum)種子

web_190911_V_furcatum_Seed_190901_01_02_1200_PC_900.jpg



曇りのち雨、予報どおりでした。昨日までの残暑はどこへ行ったやら、一転今日の夕方からは一枚羽織らないと肌寒い。19:30の気温13℃。
オオカメノキの種子です。
取り播きでいいものやら、低温湿層処理が必要なものやら…。早いうちにプロに訊いてみよう。
ここのところ、イベントがあったり、暑かったりで微妙な体調。調べ物ゼロでアップします。
2019/09/01
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:43| Comment(0) | Seed

2019年01月03日

ケヤマハンノキ(Alnus hirsuta)タネ

web_190103_A_hirsuta_seed_181223_01_01_1200_r01_PC_900.jpg


午前中は晴れていましたが、お昼ころから曇り空に。13:30の気温マイナス3℃。
ケヤマハンノキの果実とタネです。
12月末に採取してきたもので、もうタネは飛び散ったかと思いましたが、かろうじて残っていました。スキャンするときにタネを果実からふるい落とすためにガラス面にトントンとしながら置くのですが、そのときに同時にパラフィン質の膜のようなものが一緒に広がります。果鱗とタネの間にあるものなのでしょうか?残念ながら調べきれませんでした。ハンノキのタネをスキャンしたときにも同様のものが観察されているので、ハンノキ属の果実の特性として何かあるのかもしれません。
2018/12/23

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 13:57| Comment(0) | Seed

2018年11月15日

ダケカンバとシラカンバ 種子

web_181115_B_ermanii_platyphylla_seed_181106_01_01_1200_tr_PC_900.jpg


雨上がり、青空は広がりつつあるも、まだ雲量は多い。8:40の気温5℃。
ダケカンバとシラカンバの種子です。
遠くまで飛んでいけるように翼があります。シラカンバの翼の方が薄くて繊細に見えます。
勝手にダケカンバの種子の方が小さい、と思い込んでいました(特に理由があるわけではありません)が、こうやって並べてみるとダケカンバの方がシラカンバの倍くらい大きいのですね。
ウダイカンバの果穂、種子はまだ未採取です。高い梢の先にありそうなので、簡単に採取できないかもしれません。来年、探してみましょう。
2018/11/06・2018/11/09
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 08:56| Comment(0) | Seed