2019年03月27日

ツルウメモドキ(Celastrus orbiculatus var. orbiculatus) ツル

web_190327_C_o_orbiculatus_181230_01_01_1200_PC_900.jpg


陽射しは柔らかそうでしたが、まだまだ冬の風です。19:30の気温マイナス1℃。
ツルウメモドキが絡んだ様子です。
ここまでくると『がんじがらめ』という表現がぴったりのような気がします。絡んだ方も絡まれた方もすでに枯れていました。絡まれた方を取り除こうとしたのですが、がっちり食い込まれていてきれいにははずせませんでした。きれいにはずれたらコイルのようで面白いかも、と企んだのですが、残念ながら…。
ここまでぐるぐるに巻いてしまう、そのときのセンサーはどうなっているんでしょう?
2018/12/31
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:44| Comment(0) | Etc

2019年03月26日

ヤマブドウ(Vitis coignetiae)ツル

web_190326_V_coignetiae_181231_03_01_1200_PC_900.jpg


午前中は雨。その後も長い時間は降らないけれど、降ったり止んだり。肌寒い、ってまだ3月だから当たり前なのですが…。20:50の気温、1℃。
ヤマブドウのツルです。
これまでも何回かヤマブドウのツルが登場しています。「面白いから」としかいいようがないのです。というか、この曲線に魅了されてしまいます。
とくに書きたいこともなし。
ふ〜、年度末、もうちょっと…。
2018/12/31
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:04| Comment(0) | Etc

2019年03月15日

ミズナラ(Quercus crispula)

web_190315_Q_crispula-Blume_300_L1200mm_H450mm_A3_250mm_PC_900.jpg


夕べから今朝にかけてサッと積もりました。今は曇り空ですが、春に向かう明るさが伴っているように感じます。10:20の気温2℃。
ミズナラです。これも4月からの苫小牧展示用です。
自分のところで苗を育てると成長のいろいろな段階を記録することができるのですが、まだまだその域には達していません。我が家の庭では、どこかで拾ってきて、ドングリから育てたミズナラの苗が現在では樹高10mほどになっています(ただし30年ほどかけてですが…)。このおかげでミズナラについてはさまざまな観察をすることができます(というほどじっくりは見ていませんが…)。
いろんな樹種でやってみたいとは思うのですが、性格的にはあまり「まめ」な方じゃないからなぁ…。
まぁ、いずれ。
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 10:48| Comment(0) | Etc