2019年10月11日

ヨーロッパカエデ(Acer platanoides)紅葉

web_191011_A_platanoides_Leaf_191010_40_02_CL_PC_900.jpg


気象レーダーに雨雲は写っていませんが、曇天。陽射しはありません。台風の影響で南からの暖かい風が吹き込むのか、08:30の気温は17℃と高めです。
ヨーロッパカエデの紅葉、葉の裏です。
かつてノルウェーカエデとよんでいましたが、「最近は国名ではなくもう少し広い地域名で名称をつけることが多い」という佐藤孝夫さんのアドバイスにしたがって、ヨーロッパカエデとしています。
昨日のお散歩途中で数枚いただいてきました。葉が色づき始めると、主脈や側脈も色づくのですね。「今まで何を見ていたのですか?」と問われると答えに窮するのですが、なんか昨日初めて気がついたように思います。そういえば、先日見たズミの葉も、葉裏の主脈はやや臙脂色に変わっていました。
ほかの樹種ではどうなのでしょう?紅葉と追いかけっこしながら確認してみましょうか。
2019/10/10
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 08:41| Comment(0) | Leaf

2019年08月16日

アセビ(Pieris japonica)葉

web_190816_P_japonica_leaf_190209_190208_adc_1200_40_01_1200_PC_900.jpg


台風の余波で朝からずっと降りっぱなし。気温は20:50で21℃。湿度が高いので、まだムッとする。
アセビの葉です。
今年2月に学校からもらって帰ったもので、今ごろアップしています。
これだけ反っていると、普通にスキャンするのは難しい。そう思って林将之さんの「樹木の葉」を開いてみると、かなりフレッシュな状態で、かつ浅めの蓋をして撮ったのではないかと思われました。今年、とある場所で林さんをご存じの方とお話しする機会がありました。林さんは車にスキャナーを積んで走ってデータを採取したのだそうで、その力作をみるとなるほどと肯けます。
で、結局、葉が乾いて反り返ってしまってからスキャンしたので、葉の反り返りの面白さに着目して…と言い訳がましくアップしておきます。
2019/02/08・2019/02/09

〔参考文献〕
林将之,2014,山渓ハンディ図鑑14 樹木の葉 実物スキャンで見分ける1100種類,759pp,山と渓谷社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:23| Comment(0) | Leaf

2019年06月23日

オオバボダイジュとシナノキ 葉の裏

web_190623_T_maximowicziana_japonica_leaf_190623_40_02_300_PC_900.jpg


午前中は昨日の天気を引きずるような曇り空でしたが、午後からは陽射しが差していました。21:00の気温13℃。
オオバボダイジュとシナノキの葉の裏です。左がオオバボダイジュ(Tilia maximowicziana)、右がシナノキ(Tilia japonica)。
オオバボダイジュは葉の裏には星状毛が、と図鑑には記されています。確かに毛深いことがわかります。ただ、いまひとつ「星状毛」という状態を理解していません。4倍のルーペではまだはっきりせず、10倍程度まで倍率を上げないと「星状毛」という形状がわからないのかもしれません。今度はニコンのファーブルで覗いてみます。
2016/06/23
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:14| Comment(0) | Leaf