2019年02月21日

ハンノキ(Alnus japonica)果実とタネ

web_190221_A_japonica_corn_seed_190221_180920_180917_40_01_1200_PC_900.jpg


青空が広がり、気温もプラス。とても2月とは思えない暖かさです。19:40の気温マイナス4℃。
ハンノキの果実とタネです。
3月末〜4月初めに開花、たぶんその直後に受粉。以前5月初めに苫小牧にハンノキを採取しに行ったときにはすでに小さいながらも結実していました。この画像は9月中旬に採取したものです。
このハンノキの果実を採取してきた場所には、ヒロハハンノキ(Alnus x mayrii nothovar. glabrescens)もあります(葉で同定)。ヒロハハンノキはハンノキ(Alnus japonica)とヤマハンノキ(Alnus hirsuta var. sibirica)の交雑種であるとされていますが、次代検定がどうなっているのかは不明です。というか、わかっていないから学名では交雑種のまま「×」と表記されているのでしょう。ところで、ヒロハハンノキの学名で使用されている「nothovar.」の「notho」は『偽の意味 交雑種などで亜種以下に相当する場合、nothovar. / nothof. のように使われます』ということです。
気になっているのでヒロハハンノキもう一度探してマーキングしておきたいと思っているのですが、探しきれなくています。今年の夏の宿題にしておきましょう。
2018/09/17

〔参考文献〕
学名の見方10,野山の花たち -東北と関東甲信越の花-,
http://hanatachi.sakura.ne.jp/pl_y2/sub/gaku_n0.html ,2019/02/21
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:35| Comment(0) | Fruit

2019年02月07日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)さく果

web_190207_H_paniculata_160102_02_01_1200_cr01_PC_900.jpg


日中は曇り。少雪傾向と思っていたしたが、窓から外を眺めると平年並になってきたようです。まだ雪掘りをしていないだけましとしましょう。17:00の気温マイナス9℃。あすはとんでもない寒気が北海道を包みこむという予報が出ていましたが、どうやらはずれてはくれないようです。
ノリウツギの刮ハと装飾花です。
今年の元日にも装飾花が裏返ったものをアップしましたが、別画像で再度。受粉すると装飾花が下を向いて、「もう、いいから」と虫たちにサインを送ることは以前も書きました。受粉してすぐに装飾花が俯く画像が欲しかったのですが、それは撮っていませんでした。今年の夏の宿題とうことにします。
ある冊子に原稿を書いていたので、しばらくノリウツギを続けていました。次回からは違うシリーズに。
2016/01/02
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:14| Comment(0) | Fruit

2019年01月05日

アカミヤドリギ(Viscum album ssp. coloratum f. rubroaurantiacum)果実

web_190105_V_a_c_rubroauranitiacum_FR_181231_40_01_1200_PC_900.jpg


朝方はいい天気でしたのに…。所用があって10:00ころに家を出発して、「今日は晴れ男だね」なんていいながら車を走らせたのですが、友人宅でランチしているころから視界が悪くなるような降り方。気象レーダーを見ながら、暗くなる前に帰らなくっちゃ、とそそくさと帰ってきました。15:30の気温マイナス3℃。
アカミヤドリギの果実です。
今年の冬はヤドリギとホストの関係を整理しようと思って、スマホでですが、見つけたら写真としても記録するように心がけています。このアカミヤドリギもそれで見つけたひとつ。ホストはヤマナラシ。林縁部の斜面で、アカミヤドリギは高さ2m弱で幹から直接生えていました。
私が住んでいる地域ではアカミヤドリギはごく普通に見られる種類です。これまでの観察から、川の近くに多く、川から離れるにしたがってヤドリギは少なくなるように感じています。「感じ」だけなのかどうか、次回からは確認した位置と川からの距離を計測してみたいと考えています。
2018/12/31
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 16:35| Comment(0) | Fruit