2017年09月06日

ミズヒキ(Persicaria filiformis)

170906_web_P_filiformis_FL_170906_01_01_1200_crp02_PC_900.jpg


風は若干強かったもの、今日もいいお天気でした。20:10の気温16℃。
ミズヒキの果実(たぶん)です。まだ熟してはいないのかもしれませんが…。
2年前の8月27日にも同じような画像をアップしていました。蘊蓄はこちらに書いています。
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/162322440.html
水引というと、あることを思い出します。デザインなどを手がけている友人が、とあるコンペに応募するときに水引をイメージしたそうで、わざわざ主産地の長野県飯田市まで取材に出かけたとのこと。
そして「水引のト音記号」。確か入選して使われたかと記憶しています。
2017/09/06
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:33| Comment(0) | Fruit

2017年07月02日

ギンリョウソウ(Monotropastrum humile)果実

170702_web_M_humile_FL_170202_40_02_300_L_PC_900.jpg


時折陽が差すこともありましたが、一日中どんよりと曇っていました。本州の梅雨のような、とまではなりませんが、蒸していました。夕刻からは気温低めです。21:40の気温15℃。
ギンリョウソウの果実です。
花の後、ドローっと融けているような状態は見たことがあったのですが、果実は初めてお目にかかりました。図鑑では液果とありますが、この状態ではまだどろどろした感じはしません。切断した後タネを確認してみたのですが、それらしいものは見当たりませんでした。「…、後日茎が倒れ果実はつぶれて、地上に種子をまき散らす」とあるので、熟すのはこれからかもしれません。採取地でマーキングまではしてこなかったので、タネを確認できるかどうか…。トラップを仕掛ければよかったかなぁ。
2017/07/02

※ギンリョウソウのタネはこちらのページに載っていました。
松江の花図鑑 ギンリョウソウ
http://matsue-hana.com/hana/ginryousou.html
〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:05| Comment(0) | Fruit

2017年01月14日

ナナカマド(Sorbus commixta)果実

170114_web_S_commixta_FR_170114_03_01_300_600.jpg


今日も昨日と同じような天気でした。午前中は快晴で午後は曇り。気温は昨日よりはちょっと高めというものの、21:20でマイナス12℃です。
ナナカマドの果実です。
ナナカマドに関しての原稿を書かなくっちゃないので、もう一度味見をしてみようと思ってゲットしてきました。確かに実がパンパンのころに比べると、ちょっとだけ渋みや酸っぱ味はなくなっていますが、食べておいしいという代物ではないですね。
ところで、Scan Botanica、昨日で丸4年となりました。投稿したデータは894件、延べ閲覧者数は62,180人、延べビュー数は253,460回でした。たぶんこのブログが一つのきっかけになったのだと思うのですが、この間に個展を2回、ショップでの展示を1回しています。
5年目突入ということで、まず当面の目標は1000件アップ、ということにします。今年中にできるかな?
2017/01/14
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:53| Comment(0) | Fruit