2019年03月23日

エゾヤマザクラ(Cerasus sargentii)花

web_190323_C_sargentii_FL_130520_04_300_L_PC_900.jpg


昨夜から5cmほどの積雪。すぐ融けるべぇ、とたかをくくっているのですが、11:30の気温マイナス2℃。しばらく残るかしら?
エゾヤマザクラの花です。お天気には似つかわしくないのですが、今、エゾヤマザクラについていろいろ整理していたものですから…。
属名のCerasusは「コーカサスの(Caucasian)」という意味。紀元前2〜1世紀の共和制ローマ時代の将軍、ルキウス・リキニウス・ルクッルスがそのあたりからサワーチェリーをローマに輸入したことによるとあります。
新エングラーの分類体系では、サクラ属はPrunusとしてサクラ類のほかスモモやウメ・シウリザクラ等々がひとまとめにされていましたが、クロンキストの分類体系では「Cerasus:サクラ属」「Prunus:スモモ属」・「Armeniaca:ウメ属」・「Padus:ウワミズザクラ属」に分けられました。APG体系(DNA解析による分類体系)でもこれらの属名と分類は引き継がれています。
これをスキャンした年は寒い春だったようです。私の家の近くでは5月中旬を過ぎてからエゾヤマザクラが開花したのでした。
2013/05/20

〔参考文献〕
David Gledhill,2008,THE NAMES OF PLANTS,426pp,Cambridge University Press
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:30| Comment(0) | Flowers

2019年02月19日

ハンノキ(Alnus japonica)開花

web_190219_A_japonica_FL_190217_190211_190210_40_01_1200_PC_900.jpg


曇り、最高気温はプラス4℃。中通りは水たまりでいっぱいでした。21:50の気温0℃。
ハンノキの開花状況です。
といっても花弁はなく、尾状の雄花からまき散らされる花粉で開花したことがわかります。昨日アップしたつぼみの状態も並べました。雌花のカバー(正式な名称がわからないので)がちょっととれて赤みが増して見えます。図鑑によれば自然状態の開花は4月ということです。室内では、採取してから1週間で咲いてしまいました。
実は最初にスキャンしたときの花粉の量はすさまじく、雄花が見えなくなるくらいでした。画像としてはちょっと使いにくいので、この画像は一度スキャナーのガラス面から枝先を持ち上げて花粉を拭き取り、再度スキャンしたものです。
カバノキ科などの花をスキャンするときには、この花粉がフワフワするのではと感じてしまいます。花粉症じゃなくてよかった、と思います。ただ、私はウルシには弱いので、あるとき種不明のまま冬芽をスキャンしたら、同定する前にかぶれて赤くなり、身を以てヤマウルシであることが判明したという笑えない話もあります。
2019/02/17

〔参考文献〕
佐藤孝夫,2011,増補新版 北海道 樹木図鑑,345pp,亜璃西社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:13| Comment(0) | Flowers

2019年02月17日

ネバリノギク(Symphyotrichum novae-angliae)花

web_190217_S_novae-angliae_FL_171021_L600_H300_w1329dpi_PC_900.jpg


曇り空、気温0℃を上回っていました。洗車場にはずいぶん車が並んでいます。16:00の気温マイナス2℃。
ネバリノギクの花です。
これまでも何回かに分けてブログにアップしているので、文字情報としてはあまり書くことがなくなっています。
毛深いという形状、頭花の断面の画像、総苞に毛が多いことでわかるでしょうか。
帰化種です。日本帰化植物図鑑では『大正年間に観賞用に導入されたが、近年は余り栽培されず、山村などで逸出、野生化していることがある』という表現になっていますが、実感としてはもっと広がっていると思います。
今までにネバリノギクについてアップしたものは次の通りです。
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/184370836.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/184336630.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/164823122.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/164592010.html
2017/10/21

〔参考文献〕
清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七,2001,日本帰化植物写真図鑑−Plant invader 600種−,554pp,全国農村教育協会
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 16:45| Comment(0) | Flowers