2019年02月13日

エゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)花

web_190213_A_m_yezoensis_FL_L600_H300_w1329dpi_PC_900.jpg


青空が覗いていた一日でした。ブラインドを閉じて画像処理をしていたので、詳細は不明です。17:00の気温マイナス9℃。
エゾノコンギクの花です。4月末からの展示に向けての作品の一つです。
標準的な個体を、と思いながら採取しては来るのですが、なかなか難しいです。エゾノコンギクにしてはちょっとピンクが濃いような気がします。エゾノコンギクはかなり白っぽいものからピンクのものまであるので、許容範囲の中ということにしておきます。
梅沢さんの新しい図鑑(梅沢俊,2018,北海道の草花,399pp,北海道新聞社)では、『ノコンギク:Aster microcephalus(エゾノコンギク)』という表記になっています。で、『北海道産は大形でエゾノコンギクと区別されることがある』。前の図鑑(梅沢俊,2007,新北海道の花,462pp,北海道大学出版会)ではエゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)でした。分類が変更になったのかどうか、手持ちの資料だけでは調べられません。キク科は変わることが多いので、素人にはちょっと荷が重い気がしています。
2017/09/16・2018/09/23

〔参考文献〕
本文中の2冊のほか
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:40| Comment(0) | Flowers

2019年01月26日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)花

web_190126_H_paniculata_FL_190126_140802_40_01_1200_PC_900.jpg


昨日から今朝にかけてたっぷりと天からの贈り物をいただきました。今はカラッと青空が広がっています。10:40の気温マイナス5℃。
ノリウツギの花です。5枚の花弁、10本の雄しべ、何とか識別できるでしょうか。
アイヌ語ではラスパニ(rasupani)。これについてはアイヌ民族博物館の「アイヌと自然デジタル図鑑」がとても充実した内容なので、こちらをご覧下さい。
http://www.ainu-museum.or.jp/siror/book/detail.php?book_id=P0224
今日も資料作成のための過去データの整理、ということで…。
2014/08/02

〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
アイヌ民族博物館は本文中に記述しているので省略
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:25| Comment(0) | Flowers

2019年01月24日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)花

web_190124_H_paniculata_190124_FL_110801_01_1200_CL_PC_900.jpg


私の家の付近では思ったよりも天候が荒れずにすみました。ただまだしんしんと降っていて、明日の朝までけっこう積もりそうな勢いです。22:20の気温マイナス3℃。
ノリウツギの花、装飾花も一緒です。
いろいろ原稿を書く都合があって整理しています。季節外れの画像です。
和名の由来、「糊空木」です。内皮に粘液が多く、美濃地方などでこれを製紙用の糊として利用したのでノリノキと呼ばれ、それと髄がたいへん柔らかく針金などですぐに通ることから、「糊空木」になったのではないでしょうか。学生時代、初めての実習で苫小牧演習林(今は研究林)に行ったとき、髄が簡単に通るのでパイプをつくって遊んだことを思い出します。
和紙の糊の材料として、北海道から移出されていたようです。上原(1961)によると、函館営林局の調査では樹齢と直径は次のようになっていたとのこと。
樹齢(年) 直径(cm)
  1     1.0
  5     2.1
  10     3.0
  15     3.6
  20     4.3
  25     4.8

低木類の成長データはたいへん珍しいですね。
2011/08/01

〔参考文献〕
上原敬二,1961,樹木大図説1,1309pp,有明書房


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:42| Comment(0) | Flowers