2019年06月22日

コデマリ(Spiraea cantoniensis)つぼみ

web_190622_S_cantoniensis_190606_01_03_1200_PC_900.jpg


朝5時過ぎから雷雨。まるで熱帯のようと思ったけれど、肌寒い。11:20の気温16℃。今日は苫小牧和みの森に「森づくりキャンプ」のお手伝いに行く予定でしたが、昨日の天気予報で延期ということになり、今日はのんびりしています。
コデマリのつぼみです。
側面から見たときのシェイプが好きで、一度スキャンしてみようと思っていました。
コデマリがあるからオオデマリもあります。コデマリはバラ科シモツケ属ですが、オオデマリ(Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum)はレンプクソウ科ガマズミ属(Adoxaceae Viburnum)。同じ仲間にテマリカンボク(Viburnum opulus var. sargentii f. hydrangeoides)があります。一方、バラ科にも「テマリ」がつく種がありました。テマリシモツケ(Physocarpus amurensis)です。名前はシモツケですがシモツケ属(Spiraea)ではなく、テマリシモツケ属(Physocarpus)。原産地は東シベリアから中国東北部・朝鮮半島で、1854〜1860年に北アメリカに渡り日本には大正初年に渡来したとあります。北アメリカに渡って50年ちょっと経過してから日本に、ということになります。
2019/06/06

〔参考文献〕
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info ,2019/06/22
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:15| Comment(0) | Flowers

2019年06月16日

コデマリ(Spiraea cantoniensis)つぼみ

web_190616_S_cantoniensis_190606_02_02_1200_pcr01_PC_900.jpg


雨、一時曇り、という感じの一日でした。18:40の気温13℃。
コデマリのつぼみです。
何がどうしたということではありません。つぼみをスキャンしたらかわいかったから。たまにはこういうのもありですよね。
ところでこの樹種、原産地は中国なのですが、渡来時期が不明でしかも相当古いと推測されています。種小名のcantoniensisは「(中国)広東の」という意味。
2019/06/06

〔参考文献〕
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:22| Comment(0) | Flowers

2019年06月14日

ベニシタン(Cotoneaster horizontalis)花 断面

web_190614_C_horizontalis_FL_190611_06_40_1200_PC_900.jpg


清々しい青空が広がっています。9:10の気温20℃。
ベニシタンの花の断面です。
『花は平開せず…』はやっぱり気になるので、切って断面を見ました。花柱が2本あるように見えますが、根元が一つで二裂しているのかどうか。私にはわかりませんでした。
ほかのコトネアスターは平開するのに、なぜベニシタンだけは閉鎖花に見えるかのようにわずかにしか開かないのでしょう?
ところでベニシタン。原産地は中国中西部からネパールにかけての一帯。日本にもたらされたのは昭和の初めというから、比較的新しい園芸種といえるでしょう(私の感覚では。でも90年近くたっているという表現をすると新しいという感覚ではないですね)。
2019/06/11

〔参考文献〕
永益英敏,1995,ピラカンサ,週刊朝日百科 植物の世界,53,5-132〜5-134,朝日新聞社
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 09:43| Comment(0) | Flowers