2018年10月12日

ナナカマド(Sorbus commixta)つぼみと花

web_181012_S_commixta_bud_FL_170507_170531_40_01_300_S_PC_900.jpg


夜半の雨は上がったようです。陽が差してきました。9:30の気温12℃。
ナナカマドのつぼみと花です。
少しずつ来年の作品の準備を進めているところなので、季節性を無視しながらアップしてます。
これまで2回個展を開いてきましたが、このときにはすでにある作品の中から選んで展示するという形でした。来年はあるテーマに沿って、しかも博物学的に、ということで今までのものとは違う展示になりそうです。試行錯誤の過程をこのブログにアップしていくことになります。整理はしたけれど、結局使わなかったというものもたくさんでてきそうです。
2017/05/07・2017/05/31
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 09:42| Comment(0) | Flowers

2018年10月08日

ナナカマド(Sorbus commixta)つぼみ

web_181008_S_commixta_bud_170506_02_01_300_s_PC_900.jpg


台風一過、ということばがちょっとだけ似合いそうな陽射しです。10:00の気温17℃。朝の光と秋の植物たち、いい色合いを醸し出していたので朝活ならぬ朝写(?)していました。
ナナカマドのつぼみです。季節外れですが、データを整理中で、このあと花・果実と整理していきたいと思っています。
ナナカマドは札幌市の街路樹では最も植栽本数が多い樹種です。2016年度末では市内に約35,000本ほど植えられています。秋の赤い実を見て誰でも知っているでしょう。鳥散布型の樹種なので一斉林を形づくることはなく、森の中に入ると実は必ずしも多くはありません。
身近でよく知られている樹種だけど、森の中に行くと案外お目にかかれないという、ちょっと不思議な樹種じゃないかと思っています。
2017/05/06

〔参考文献〕
札幌市,2016,札幌市街路樹樹種別一覧,
http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/midori/machi/hanamidori/gairojyu/documents/100.png ,2018/10/08
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 10:08| Comment(0) | Flowers

2018年09月30日

イワガラミ(Schizophragma hydrangeoides)花

web_180930_S_hydrangeoides_FL_120714_40_01_1200_PC_900.jpg


台風24号の影響でしょうか、ずーっと厚い雲に覆われています。12:50の気温16℃。
イワガラミの花です。
今日も季節外れですが、整理の都合上ということです。
イワガラミにはウリヅタという別名もあります。秩父の山の方では食用としていたそうで、生の葉をもんで味噌をつけて食べると瓜の味がするので「ウリヅタ」という名前が付いたといいます。
まだ嗅いだことはありませんが、イワガラミもツルアジサイも4〜6月ころの新芽を摘むとキュウリの香りがするということ。この香りの成分は「青葉アルコール」・「青葉アルデヒド」・「キウリアルコール」などで、虫やカビに対する防御物質と考えられているそうです。
ところで、いろいろ整理していると「あらっ」と思うものを採取していないことがわかります。今回わかったのは、ツルアジサイの花や葉が未採取であったこと。葉はまだ大丈夫かな?花は来年です。
2012/07/14

〔参考文献〕
上原敬二,1961, 樹木大図説1,1300pp, 有明書房
川尻秀樹,2008,続・「読む」植物図鑑 樹木・野草から森の生活文化まで,204pp,全国林業改良普及協会



posted by Satoshi SONDA@ARCS at 13:12| Comment(0) | Flowers