2020年02月13日

キンロバイ(Dasiphora fruticosa)葉

web_200213_D_fruticosa_Leaf_41_01_090909_PC_900.jpg


2月中旬というのに、14時ころの気温は9℃でした。車道は走りやすかったけれども、歩道はぐっちゃぐっちゃ状態でした。20:10の気温はまだプラスで、3℃です。
キンロバイの葉です。
黒バックでスキャンしたものもあったので仕上げてみました。これだと毛深い葉が表現できているのではないかと思います。今更ながらで気がついたのですが、右の画像(葉の裏)の頂部に虫がいました。なんでしょうね?
ところでキンロバイは北海道レッドリストの対象種で、準絶滅危惧(Nt)として取り扱われています。Ntは『存続基盤が脆弱な種』ということで、「現時点での絶滅危険度は小さいが、生息・生育条件の変化によっては”絶滅危惧”として上位カテゴリーに移行する要素を有するもの」と定義されています。氷期の遺存種で、かつ生育域がほぼ日高・夕張山系に限られていること、それに採取圧が高いことが指定の理由となっています。
ScanBotanicaにはたびたび登場していますが、うちの庭に植栽してあるものを採取しています。庭をつくるときに苗畑から購入したものなので、盗掘ものではないはずです。
いつも目にしている植物がレッドリストの対象種だとわかると、ちょっぴりビビってしまいます。
2009/09/09

〔参考文献〕
伊藤浩司,1982,北海道の高山植物と山草,230pp,誠文堂新光社
北海道環境生活部環境局生物多様性保全課, 「北海道レッドリストのカテゴリーと判定基準」,
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/redlist_kategoryhanteikijyun.pdf ,2020/02/12
北海道環境生活部環境局生物多様性保全課, 北海道レッドリスト 植物リスト,
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/grp/03/redlist1.pdf , 2020/02/12
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:40| Comment(0) | 葉っぱだより

2020年02月12日

キンロバイ(Dasiphora fruticosa)葉

web_200212_D_fruticosa_Leaf_01_01_090909_300_CL-02_PC_900.jpg


曇り空でしたが、昨日よりも暖かな一日でした。なんと21:00でも気温はプラス4℃です。
キンロバイの葉です。
奇数羽状複葉で、小葉は3〜5枚。葉の裏表、それに葉縁は白い絹毛がたくさん生えています。白をバックにしてまうと、バック処理の段階で縁の部分の毛を上手に残せないので、「毛がたくさん」という雰囲気がなくなってしまいます。
かつて、というか18世紀中頃のお話ですが、当時カムチャッカ半島に住んでいた人たちは、キンロバイをお茶として飲む風習があったのだそうです。お茶の代替ではなく、そもそもお茶として(茶葉があろうはずはないので、お茶という名前じゃないと思いますが)。詳しいことは不明ですが、葉を煎じたのでしょうかねぇ…。
その風習、千島列島沿いに南下することはなかったようです。
2009/09/09


web_200212_D_fruticosa_Leaf_03_01_090909_300_CL-01_PC_900.jpg


〔参考文献〕
外山雅寛,1984,北方民族と野生食用植物(U),69-83p,北方山草,5,北方山草会
http://hopposansokai.web.fc2.com/kaishi/no05/05-13.pdf ,2020/02/10
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:16| Comment(0) | 葉っぱだより

2020年02月01日

キングサリ(Laburnum anagyroides)葉

web_200201_L_anagyroides_leaf_01_01_090806_300_CL-01_PC_900.jpg


いいお天気でした。今日も引きこもり、17:20の気温マイナス5℃。見た目よりは寒かったようです。
キングサリの葉です。
ヨーロッパ中部や南部(南ドイツやスイス)が原産の落葉広葉樹亜高木で、高さは6〜10mほどに達します。寒さに強いというほどの樹種ではなく、北海道内では空知南部以南では生育できるけれども、それよりも北や東では健全な成長は難しいようです。
英名は「Gold chain」、花が垂れ下がる様子から名づけられたのでしょう。これを訳したもの。ですから「キン-グサリ」です。キンレンカ・キバナフジという別名もあるようです。漢字で書くと、金鎖・金連花・黄花藤。いずれも連なって垂れ下がる黄色い花が印象的だったということでしょうね。ところがドイツ語名は「Bohnenbaum」。直訳すると「豆の木」です。これは花ではなく実に着目して名づけられたのでしょう。民族によって目の付けどころが違う、ということでしょうか?
植物体にニコチンに似た毒性を持つアルカロイドを含み、葉はタバコの混ぜ物にされたりもする。とくに種子は毒性が強く、吐き気・けいれんを起こして、窒息死することもあるとのこと。ついつい1回は舐めたり噛んだりするする癖があるから、くわばら、くわばら…。
2009/08/06


web_200201_L_anagyroides_leaf_03_01_090806_300_CL-01_PC_900.jpg


〈参考文献〉
佐藤孝夫,2011,増補新版 北海道 樹木図鑑,345pp,亜璃西社
佐藤孝夫・対馬俊之,2005,北海道の緑化樹木の地域適応性《緑化関係三団体統合記念出版》,198pp,北海道造園緑化建設業協会
土橋豊,1995,エニシダ 週刊朝日百科 植物の世界49,5-7〜5-10,朝日新聞社
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info 2020/01/20
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:49| Comment(0) | 葉っぱだより