2013年11月15日

シラカンバ タネ

131115_web_B_platyphylla_j_111111_200_450.jpg


小雨模様になりそうです。
シラカンバのタネ(翼果)です。通勤の途中に採って、事務所に持って行ったのですが、果穂(かすい)の先っちょがバラバラになってしまいました。画像の真ん中がタネ、右は果鱗(かりん)。果鱗と果鱗の間に数個の翼果が抱きかかえられるような構造になっています。
2011/11/11

〔参考文献〕
斎藤新一郎,1983,果実と種子の形態用語図説(6) ウダイカンバ,北方林業,Vol35,1,26-27
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 09:11| Comment(0) | Through a loupe
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: