2019年07月15日

キク科染料染め

web_190715_Asteraceae_blue_190712_01_01_1200_02_PC_900.jpg


さっきちょっとだけ陽が差してきましたが、今日も曇天。13:00の気温22℃。
白花のポンポンギクに青い染料を吸い込ませたものです。金曜日、授業のあとに2年生の教室によって花材を物色していただいてきました。
ちょっと実験してみたいことがあり、スキャンして仕上げたあと、反転しています。つまり、ポジ状態だったものをネガ状態にしました。フォトショップでのレイヤー操作ですからそんなややこしいことではありません。
土曜日、イエティーズ(札幌まるやま自然学校)の帰りにカフェ・エスキスでひと休みしてから帰ってきたのですが、そのときに西村陽一郎さんという写真家がスキャン作品を出版しているということを教えていただきました。「スキャングラム透過陰画法」という新しい技法で処理したスキャン作品だということです。帰ってきてからPCで検索すると、すばらしい作品をたくさん拝見することができました。
https://www.minnanogallery.com/blue-flower-viewpage
「反転→モノクロ化」は苫小牧市美術博物館のフライヤーをつくるときにやってみていて、モノクロ印刷用にはありなので方法を身につけておこうと思っていたのですが、西村さんのようにポジをそのまま反転して…、というのは初めてみたと思います。
で、今回のキク。全部の技法をまねることなどできませんでしたから、とりあえず「ポジ→ネガ」だけやってみました。スキャナーで作品づくりをやっているという情報が増えてくると、とても刺激になります。どんどんいろんな人がやり始めたら面白いことになりそうな予感がします。
2019/07/12
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 13:33| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: