2019年06月22日

コデマリ(Spiraea cantoniensis)つぼみ

web_190622_S_cantoniensis_190606_01_03_1200_PC_900.jpg


朝5時過ぎから雷雨。まるで熱帯のようと思ったけれど、肌寒い。11:20の気温16℃。今日は苫小牧和みの森に「森づくりキャンプ」のお手伝いに行く予定でしたが、昨日の天気予報で延期ということになり、今日はのんびりしています。
コデマリのつぼみです。
側面から見たときのシェイプが好きで、一度スキャンしてみようと思っていました。
コデマリがあるからオオデマリもあります。コデマリはバラ科シモツケ属ですが、オオデマリ(Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum)はレンプクソウ科ガマズミ属(Adoxaceae Viburnum)。同じ仲間にテマリカンボク(Viburnum opulus var. sargentii f. hydrangeoides)があります。一方、バラ科にも「テマリ」がつく種がありました。テマリシモツケ(Physocarpus amurensis)です。名前はシモツケですがシモツケ属(Spiraea)ではなく、テマリシモツケ属(Physocarpus)。原産地は東シベリアから中国東北部・朝鮮半島で、1854〜1860年に北アメリカに渡り日本には大正初年に渡来したとあります。北アメリカに渡って50年ちょっと経過してから日本に、ということになります。
2019/06/06

〔参考文献〕
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info ,2019/06/22
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:15| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: