2019年03月23日

エゾヤマザクラ(Cerasus sargentii)花

web_190323_C_sargentii_FL_130520_04_300_L_PC_900.jpg


昨夜から5cmほどの積雪。すぐ融けるべぇ、とたかをくくっているのですが、11:30の気温マイナス2℃。しばらく残るかしら?
エゾヤマザクラの花です。お天気には似つかわしくないのですが、今、エゾヤマザクラについていろいろ整理していたものですから…。
属名のCerasusは「コーカサスの(Caucasian)」という意味。紀元前2〜1世紀の共和制ローマ時代の将軍、ルキウス・リキニウス・ルクッルスがそのあたりからサワーチェリーをローマに輸入したことによるとあります。
新エングラーの分類体系では、サクラ属はPrunusとしてサクラ類のほかスモモやウメ・シウリザクラ等々がひとまとめにされていましたが、クロンキストの分類体系では「Cerasus:サクラ属」「Prunus:スモモ属」・「Armeniaca:ウメ属」・「Padus:ウワミズザクラ属」に分けられました。APG体系(DNA解析による分類体系)でもこれらの属名と分類は引き継がれています。
これをスキャンした年は寒い春だったようです。私の家の近くでは5月中旬を過ぎてからエゾヤマザクラが開花したのでした。
2013/05/20

〔参考文献〕
David Gledhill,2008,THE NAMES OF PLANTS,426pp,Cambridge University Press
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:30| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: