2019年03月16日

モミ属(Abies)3種の葉っぱ比べ

web_190316_Abies_leaf190316_190309_40_01_1200_PC_900.jpg


夜半の雪が積もって、今朝は銀世界でした。それでも大きな道路の雪はあっという間に消えてしまって、歯医者に向かう9:30ころには黒々と舗装がでていました。20:10の気温マイナス1℃。
モミ属3種の葉です。左からトドマツ(Abies sachalinensis)、モミ(Abies firma)、ウラジロモミ(Abies homolepis)。それぞれ表裏が対で、左が表、右が裏です。
先週の土曜日に開催された緑花懇話会という勉強会に樹木医の方が持ってきたのをいただいて帰ってきました。札幌の豊平公園にあるウラジロモミとされているものは、実はトドマツとウラジロモミの交雑種だった、という話題提供にあわせて交雑したものの枝先と一緒にお持ちいただいたものです。
北海道でモミ属とトウヒ属の違いを説明するときに、「触ってみて下さい。葉の先が桃割れしていて痛くないのがトドマツ(モミ属)、葉の先が尖っていて痛いのがアカエゾマツかエゾマツ(トウヒ属)」と話しているのですが、モミが混じるとそうはいかないのですね。
確かにトドマツとウラジロモミは葉先は桃割れしていますが、モミは葉先が二叉で鋭く尖っています。ただし、二叉で鋭く尖るのは陰葉か若い葉の場合だそうです。今回持ち帰ったモミは、葉が羽状についていたのできっと陰葉だったのだと思います。手が届く位置というのは陽が当たらない場合が多いですから…。
そういえば5年半ほど前になりますが、真駒内にある六花文庫の前によくわからないモミがある、ということでFB上でSOSを発信し、ウラジロモミと教えていただいたことがありましたっけ。でも、20年以上前になるけれど、あの建物(改装前)と庭木の評価にいったんだったよな。あのウラジロモミをなんて記録してきたんだろう…???
web_190316_Abies_sp_131116_01_600.jpg

2019/03/16・2013/11/16

〔参考文献〕
中川重年 編,1994,検索入門 針葉樹,188pp,保育社


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:02| Comment(0) | Leaf
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: