2019年02月22日

ホザキシモツケ(Spiraea salicifolia)果殻

web_190222_S_salicifolia_FR_190210_11_01_1200_PC_900.jpg


晴れ、2月とは思えない気温が続きます。10:00でプラス2℃です。予報ではこれから1週間ほど最高気温は0℃を越えるとのこと。このまま春を迎えるとは思えませんが、それにしてもこの冬は「暖冬」として記録されるでしょう。
ホザキシモツケの果殻です。
果実の殻、それで果殻と書いたのですが、これは正式名称なのかどうか、どこかで見たような気がするのだけれど思い出せません。
根元にたくさんの毛があります。「こんな毛があったっけ?」と思いながらよく見ると…。「あ〜、これは雄しべかもしれない」。
『円錐花序に径約6mmの花を多数つけ』、とてもモフモフした感じに見えます。モフモフ感の正体が雄しべ。これが花粉を飛ばしたあとも落ちず袋果の根元にくっついた状態になっているのでしょう。花の画像もつければよかったですね。これは後日。
円錐花序の様子はこちらから。
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/184524101.html
2019/02/10

〔参考文献〕
佐藤孝夫,2011,増補新版 北海道 樹木図鑑,345pp,亜璃西社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 10:25| Comment(0) | Etc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: