2019年02月12日

イタヤカエデ(Acer pictum)芽生え

web_190212_A_pictum_sp_40_01_L675_H450_70%_PC_900.jpg


また寒さがぶり返したようです。日中、気温はマイナス6℃くらいなのに、風が強かったせいでしょうか、体感気温はもっと低く感じられました。
イタヤカエデの芽生えです。
いま古い写真データを探して見ると、フィールド(札幌)では5月中旬くらいに発芽しています。落葉広葉樹林の中でやや広めの裸地があると、前年散布されたイタヤカエデの芽生えをたくさん確認することができます。ところがこれらの中で秋まで育つものはほとんどないようで、秋に同じ場所に行っても残っているものを見たことがありません。
ということをわかっているはずなのに、何を思ってか、かき起こし実験で稚樹調査を始めてしまったことがあります。かき起こしの翌年けっこう実生が発生していて「しめしめ…」と思ったですが、さらにその翌年も調査を続けるとピンクのナンバーテープだけが落ちていて、稚樹は跡形もなく消えています。想定していたよりも実生の生存率は低く、天然更新はそう容易くはないことを実感しました。
イタヤカエデの芽生えを見ると、このほろ苦い体験を思い出します。
2013/04

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:51| Comment(0) | Etc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: