2019年01月30日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)冬芽

web_190130_H_paniculata_bud_131205_50_01_1200_PC_900.jpg


快晴です。14:20の気温0℃。たぶん市内は真冬日を脱しています。
ノリウツギの冬芽です。
冬芽や葉痕は樹種ごとに特徴がはっきりでるので、わかりやすいといえばわかりやすい。ちょっと取っつきにくいのですが…。
葉痕、葉が落ちた痕です。斎藤(2009)の表現を借りると『やや隆起し、大きく、倒松形・三片形ないし浅いV字形で、幅3〜10mmある。維管束痕は3個あり、突出する』。
ひょっとしたらと思って「ふゆめがっしょうだん」を開いてみたら、ノリウツギもありました。これまで撮った冬芽のスキャンをあんな風に並べてみたら面白いかな?
冬芽・葉痕は妄想逞しく眺めることができるので楽しいです。頂芽と葉痕を正面から見た姿、私はジンギスカン時代のモンゴルの騎兵の顔に見えてしまいました。みなさん、なにに見えましたかねぇ。
2013/12/05

〔参考文献〕
斎藤新一郎,2009,フィールド版落葉広葉樹図譜,399pp,共立出版
富成忠夫、茂木透=写真:長新太=文,1986,ふゆめがっしょうだん,27pp,福音館書店
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 14:50| Comment(0) | 冬芽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: