2018年12月30日

ダケカンバとシラカンバの樹皮

web_181230_B_p_.japonica_ermanii_bark_181230_41_01_1200_PC_900.jpg


一時あわやという降雪強度で降ってきましたが、幸い短い時間でした。曇り空で、最高気温も0℃と昨日よりは暖かな一日でした(と、書いている先から降ってきていますが…)。
ダケカンバとシラカンバの樹皮です。画像の上半分がダケカンバ、下半分はシラカンバです。
こうやって並べてみるとけっこう違うものです。
まずは色、ダケカンバの方がややクリーム色がかっています。次に皮目に着目すると、ダケカンバの皮目は薄茶色で長さが1cm以内、幅は0.4mm程度であるの対して、シラカンバはグレーがかった色で長さは2〜3cm、幅は1m程度と大型です。密度もシラカンバの方が高いですね。
ふだんは樹皮の一部だけを見て、「これは何?」なんてことはありません。ダケカンバとシラカンバを見分けるときに着目するのは落枝痕(枝が抜けた跡)です。シラカンバは「ハ」の字になるのですぐわかります。それと枝の色。シラカンバは幹は白くても枝は茶色っぽい色です。ダケカンバはシラカンバと違って分枝しても枝は白いというあたりでしょうか。
今日採集してきた裏山にはウダイカンバもあります。次はウダイカンバの樹皮も採集してきて並べてみます。
2018/12/30


posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:00| Comment(0) | Etc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: