2018年10月20日

シラカンバ(Betula platyphylla var.japonica)果穂とタネ

web_181020_B_p_japonica_seed_181020_40_01_1200_PC_900.jpg


午後からは曇ってしまいました、午前中は秋晴れ。久しぶりに裏山散歩、そして芸術の森経由というコースでした。21:10の気温6℃。もう暖房入れています。
シラカンバの果穂とタネです。
本当は先っちょのほうからバラバラとタネが飛び散っていくのですが、ガラス面に載せたたきに尻の方がらばらけてしまいました。薄い膜のような翼を持つものがタネです。ちょっと厚みを持った十字架のように見える部分は果鱗と呼ばれタネとタネを隔てる壁のような役割を果たします。
シラカンバの果穂は一斉にばらけてしまうことはなく、ひと冬かけてチビチビ(といってもけっこう大量ですが)と種子散布しています。3月末ころシラカンバが多い林縁などで積雪断面を観察すると、シラカンバのタネの果鱗が何層かに分かれて現れます。
シラカンバのタネは散布されてからの寿命が短いため、一斉に発芽条件が悪いところに飛んでしまうと生き延びることができません。このためいろんな条件のところ飛んでいけるように、ダラダラとタネが飛び散るものと考えられます。大げさに言えば、種としての生存戦略なのでしょう。
2018/10/20
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:33| Comment(0) | Seed
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: