2018年10月08日

ナナカマド(Sorbus commixta)つぼみ

web_181008_S_commixta_bud_170506_02_01_300_s_PC_900.jpg


台風一過、ということばがちょっとだけ似合いそうな陽射しです。10:00の気温17℃。朝の光と秋の植物たち、いい色合いを醸し出していたので朝活ならぬ朝写(?)していました。
ナナカマドのつぼみです。季節外れですが、データを整理中で、このあと花・果実と整理していきたいと思っています。
ナナカマドは札幌市の街路樹では最も植栽本数が多い樹種です。2016年度末では市内に約35,000本ほど植えられています。秋の赤い実を見て誰でも知っているでしょう。鳥散布型の樹種なので一斉林を形づくることはなく、森の中に入ると実は必ずしも多くはありません。
身近でよく知られている樹種だけど、森の中に行くと案外お目にかかれないという、ちょっと不思議な樹種じゃないかと思っています。
2017/05/06

〔参考文献〕
札幌市,2016,札幌市街路樹樹種別一覧,
http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/midori/machi/hanamidori/gairojyu/documents/100.png ,2018/10/08
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 10:08| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: