2018年06月26日

アストランティア(Astrantia major)花

web_180626_A_major_FL_180615_02_03_1200_cr01_PC_900.jpg


朝方は夏のような陽射しに見えましたが、すぐに曇り、冷たい風が吹いています。19:20の気温14℃。
アストランティアの花です。これも授業の余り物をいただいてきました。
押し花やドライフラワーにもお薦めらしいので
すが、茎が柔らかく、水に挿して持ち帰ってくる間にけっこうくたっとなっていました。
星形に開いている花弁に見えるものは萼片。中に半球状に広がっているのが小花だそうです。そこだけ見るとアキタブキにも似ているように気がします。属名AstrantiaのAstroは古代ギリシア語の「星」からきているらしいです。
原産地は中欧〜東欧。標高100〜2,300mほどの山地で、石灰質の土壌に生育しているとのこと。
詳しいことはわかりません。
2018/06/15

〔参考文献〕
モンソーフルール 監修,2011,花屋さんで人気の421種 花図鑑,255pp,西東社
Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Astrantia_major
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:59| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: