2017年09月16日

エゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)舌状花と筒状花

170916_web_A_m_yezoensis_FL_170916_40_01_300_L_PC_900.jpg


時折陽は差すものの曇り空です。朝晩はめっきり寒くなってきました。14:30の気温17℃。
連休はいろいろあって、引きこもり。
エゾノコンギクの舌状花と筒状花です。
花柱の先がくるりと巻いているようなものには出会えず、「とりあえず」感があります。もう受粉しているかもしれません。
舌状花の花弁の色は白っぽいものからやや紫の濃いものまで多様な気がします。日当たりの関係などで色が変化しているのでしょうか?いろいろなところで確認したわけではないので、自分ではちょっと「不明」です。
苫小牧まで採取に行かなければならないのですが、さて時間がとれるやら…。
水あげはよくない種類で、萎れやすいので花瓶か何か用意していかなければなりません。
2017/09/16
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 14:46| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: