2016年06月22日

タチイヌノフグリ(Veronica arvensis)

160622_web_V_arvensis_FL_160621_01_01_300_600.jpg


夏至の晴れ渡った空は一転、どんよりとした雲に覆われています。7:30の気温16℃。
タチイヌノフグリの花です。
直径3〜4mmほどの小さな花です。うちの庭の片隅にひっそりと咲いていました。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、1〜2年草。図鑑には『花冠は花弁状に4深裂し、径4mmほどで下の1裂片が小さい』とあります。パッと見た感じ離弁花のようですが、基部は合着しています。
APG体系では、ゴマノハグサ科からオオバコ科に分類が変更されています。
2016/06/21

〔参考文献〕
梅沢俊,2007,新北海道の花,462pp,北海道大学出版会
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 07:55| Comment(0) | Flowers
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: