2015年02月21日

ホオノキ 葉痕

150221_web_M_hypoleuca_Scar_130213_40_10_300_450.jpg


朝方は雲が多かったのですが、今はほぼ快晴です。9:30の気温マイナス2〜3℃。
ホオノキの葉痕です。
夕べ「葉っぱだより」を書いていて、ホオノキの葉痕の話になったので慌てて画像を探して整理したものです。
ホオノキの葉は枝の頂部にあたかも輪生しているかのように着葉しています。よく見ると輪生ではなく互生なのですが。このような葉の付き方を「偽輪生状につく」といいます。画像では葉痕が枝の周りを一周しているのはうまく表現できていませんが、何となくご理解いただけるでしょうか。
2013802/13

〔参考文献〕植田邦彦,1996,ホオノキ,週刊朝日百科 植物の世界,100,9-116〜9-119,朝日新聞社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 09:56| Comment(0) | 葉痕
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: