2019年08月29日

オオアワダチソウ(Solidago gigantea ssp. serotina)花

web_190829_S_g_serotina_FL_190829_04_01_1200_PC_900.jpg


終日曇り、午前9時ころはやや強めに雨が降りましたが…。18:10の気温は18℃。
オオアワダチソウの花です。
葉の裏面が無毛ということで判断しました。
亜種名serotina←serotinusは「遅れて咲く、晩生の、秋咲きの」という意味だそうで、Solidagoの仲間では遅く咲くのでしょうか?セイタカアワダチソウよりは花期は早いのですが…。
2019/08/29

〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
谷口弘一・三上日出夫,2005,北海道の野の花 新装版,631pp,北海道新聞社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 18:41| Comment(0) | Flowers

2019年08月22日

シャグマハギ(Trifolium arvense)花

web_190822_T_arvense_190810_02_01_1200_PC_900.jpg


一日曇っていました(と、思います、窓から見ていると)。20:40の気温16℃。明日は一日中雨で最高気温も20℃程度とか。
シャグマハギの花です。
一時は我が家の庭を占拠するのではないかと思うくらいにはびこったのですが、ここ数年おとなしめに咲いています。
以前も書いたように(http://scanbotanica00.sblo.jp/article/152240068.html)、アフリカ・ヨーロッパ・西アジアが原産地。種小名のarvenseは耕地・畑などに生えるとか、原野に生えるというような意味です。戦後沖縄が初上陸地のようです。
北海道ブルーリスト(http://bluelist.pref.hokkaido.lg.jp/db/detail.php?k=08&cd=208)によれば、1994年中居により苫小牧で初報告があったとされています。今、日本帰化植物写真図鑑を見ていたらシャグマハギの写真は「1993/09/17・苫小牧」とありました。まぁ、正式な報告と現状確認は当然ずれていて当たり前なのですが、一瞬「あれっ」と思ってしまいました。
ふさふさの毛に見えている部分に「白色〜淡紅色の小さな蝶形花を密に円柱状」につけていることになるのですが、顕微鏡を覗かないとわからなさそうです。次回、挑戦してみます。
2019/08/10

〔参考文献〕
北海道ブルーリスト,シャグマハギ,http://bluelist.pref.hokkaido.lg.jp/db/detail.php?k=08&cd=208 ,190822
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
豊国秀夫編,2009,復刻・拡大版 植物学ラテン語辞典,386pp,ぎょうせい(初版1987,至文堂)
清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七,2001,日本帰化植物写真図鑑−Plant invader 600種−,554pp,全国農村教育協会
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:20| Comment(0) | Flowers

2019年08月20日

キンロバイ(Dasiphora fruticosa)花と花殻

web_190820_D_fruticosa_190818_FL_01_01_1200_cr01_PC_900.jpg


お盆が過ぎると急に秋めきます。今日は早来まで行ってきたのですが、行きは霧雨。午前中は何とかお天気がもって作業は無事終了したのですが、帰りは札幌近郊まで来てどしゃ降り。思わず駐車場に避難して雨脚が止むまで雨宿りしました。20:40の気温17℃。
キンロバイの花と花殻です。
キンロバイは、我が家では初夏を告げる花であり、長い花期を過ぎて夏の終わりを告げる花でもあります。植栽して30年。ひと株だけ衰弱してしまった個体はありますが、レンガブロックの際に根締めのように植えた数個体は今もって我が家に夏の彩りを添えてくれます。
キンロバイは以前はPotentilla(キジムシロ属)に分類されていましたが、APG体系ではキンロバイ属として独立して取り扱われています。大場(2009)では、APGUに基づいて編集されていて「キンロバイ属はPentaphylloidesとしてPotentillaに含まれる」という表現になっています。これが米倉・梶田(2003-)ではキンロバイ属はDasiphoraです。米倉・梶田(2003-)はAPGVに沿ってシステムを構築しているとしていることから、APGU→APGVに伴う変更なのかもしれません。植物分類に関する専門誌には目を通していないので詳細は不明です。
この変更、これをアップするために確認して初めて知りました。これからもそういう種類がたくさんでてきそうです。
2019/08/18

〔参考文献〕
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:28| Comment(0) | Flowers