2019年07月26日

オオバボダイジュとシナノキの花

web_190726_T_maximowicziana_japonica_FL_190712_15_40_02_1200_c01_PC_900.jpg


夕刻から降り始めました。一時は強く降ったようですが、今のところ小康状態です。蒸し暑かったです。20:00の気温20℃。
オオバボダイジュとシナノキの花を並べました。
印象だけでいうと、オオバボダイジュはぷっくらとして薄黄色、シナノキは繊細で白っぽく、という感じです。
オオバボダイジュはシナノキに比べて花弁が厚く、シナノキは薄いといってよいでしょう。
昨日、一昨日アップした内容をまとめてみます。
         オオバボダイジュ シナノキ
集散果序の大きさ  6〜10cm     5〜8cm
柄の長さ      2〜5mm      3〜6cm
花弁の長さ     1cm       5mm
総苞葉の毛     星状毛      なし
という違いです。
2017/07/12・15

〔参考文献〕
茂木透 写真,太田和夫・勝山輝男・高橋秀男ほか 解説,2000,山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花 離弁花2,719pp,山と渓谷社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:18| Comment(0) | Flowers