2019年07月05日

シュッコンカスミソウ 花

web_190705_Gypsophila_FL_w_190630_03_01_1200_cr02_PC_900.jpg


今日も、降るんだろうかどうだろうかと気を揉むお天気でした。授業でちょっとばかり土を掘るということにしていたので、降られたら困るし…、ということでした。21:50の気温16℃。
今回もシュッコンカスミソウの花、たぶん、です。白花。
昨日・今日アップしている花はシュッコンカスミソウの園芸種と思われます。シュッコンカスミソウ(Gypsophila paniculata)そのものはヨーロッパ中部・東部から中央アジアにかけて自生しています。この種から八重咲き品種がつくられたということです。
Gypsophilaはギリシア語のgypsos(石灰・石膏)とphilos(愛する・愛情のある)に由来し、Gypsophila属の一部の種が石灰質の岩の上に生えることに因んでいるといいます。paniculataは「円錐花序の」という意味。
切り花ではなじみ深いのですが、意外に情報が少ないなぁ…。
2019/06/30

〔参考文献〕
藤田政良,1994,ギプソフィラ属,園芸植物大事典1,654-656,3099pp,小学館(総ページ数は1巻から通算)
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:27| Comment(0) | Flowers