2019年06月30日

ヒナゲシ(Papaver rhoeas)果実

web_190630_P_rhoeas_FR_190628_40_01_1200_PC_900.jpg


天気予報はたいへんよい方向にはずれて雨は降らず、曇天ながら午後からは陽が差すひとときもありました。20:00の気温16℃。
ヒナゲシの果実です。
一昨日の授業では、後半は近くの公園に行って特定の花冠や花序の形を探してスケッチする、という課題をだしました。
公園の花壇のヒナゲシ、盛りは過ぎていてすでに花弁が落ちてしまったものがたくさんありました。花弁が落ちる、つまりはすでに受粉して結実しているということになるのですが、熟す度合いによって果実正面(上から見て)の文様が違うことに気がつきました。「ふふふ」と思って、いただいてきました。上が花弁が落下した直後の果実、時計回りに熟す度合いが進みます。
この後どうなるのか、気になります。今週の授業のあとにでももう一度あの公園に行って確認することにします。
2019/06/28

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:15| Comment(0) | Fruit