2019年06月11日

ハウチワカエデ(Acer japonicum)翼果

web_190611_A_japonicum_FR_190603_07_01_1200_PC.jpg


風がちょっと強かったのですが、今日もいい天気。気温はさほど上がらず。19:00の気温15℃。
ハウチワカエデの翼果です。
先日アップしたものと同じ日に採取していますが、すでにタネが充実しつつある翼果です。タネが丸みを帯びて膨らんできたものは毛が少なくなってきています。左側のまだ膨らんでいないものは毛に覆われているところを見ると、ある大きさになるまでは毛で覆って保護する必要があるけれども、充実すると保護は必要なくなるということなのでしょう。どのあたりがその境界なのかわかりませんが、「毛」の役割というのは面白いなぁと感じます。
2019/06/03
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:24| Comment(0) | Fruit