2019年02月21日

ハンノキ(Alnus japonica)果実とタネ

web_190221_A_japonica_corn_seed_190221_180920_180917_40_01_1200_PC_900.jpg


青空が広がり、気温もプラス。とても2月とは思えない暖かさです。19:40の気温マイナス4℃。
ハンノキの果実とタネです。
3月末〜4月初めに開花、たぶんその直後に受粉。以前5月初めに苫小牧にハンノキを採取しに行ったときにはすでに小さいながらも結実していました。この画像は9月中旬に採取したものです。
このハンノキの果実を採取してきた場所には、ヒロハハンノキ(Alnus x mayrii nothovar. glabrescens)もあります(葉で同定)。ヒロハハンノキはハンノキ(Alnus japonica)とヤマハンノキ(Alnus hirsuta var. sibirica)の交雑種であるとされていますが、次代検定がどうなっているのかは不明です。というか、わかっていないから学名では交雑種のまま「×」と表記されているのでしょう。ところで、ヒロハハンノキの学名で使用されている「nothovar.」の「notho」は『偽の意味 交雑種などで亜種以下に相当する場合、nothovar. / nothof. のように使われます』ということです。
気になっているのでヒロハハンノキもう一度探してマーキングしておきたいと思っているのですが、探しきれなくています。今年の夏の宿題にしておきましょう。
2018/09/17

〔参考文献〕
学名の見方10,野山の花たち -東北と関東甲信越の花-,
http://hanatachi.sakura.ne.jp/pl_y2/sub/gaku_n0.html ,2019/02/21
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:35| Comment(0) | Fruit