2019年02月17日

ネバリノギク(Symphyotrichum novae-angliae)花

web_190217_S_novae-angliae_FL_171021_L600_H300_w1329dpi_PC_900.jpg


曇り空、気温0℃を上回っていました。洗車場にはずいぶん車が並んでいます。16:00の気温マイナス2℃。
ネバリノギクの花です。
これまでも何回かに分けてブログにアップしているので、文字情報としてはあまり書くことがなくなっています。
毛深いという形状、頭花の断面の画像、総苞に毛が多いことでわかるでしょうか。
帰化種です。日本帰化植物図鑑では『大正年間に観賞用に導入されたが、近年は余り栽培されず、山村などで逸出、野生化していることがある』という表現になっていますが、実感としてはもっと広がっていると思います。
今までにネバリノギクについてアップしたものは次の通りです。
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/184370836.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/184336630.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/164823122.html
http://scanbotanica00.sblo.jp/article/164592010.html
2017/10/21

〔参考文献〕
清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七,2001,日本帰化植物写真図鑑−Plant invader 600種−,554pp,全国農村教育協会
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 16:45| Comment(0) | Flowers