2019年02月13日

エゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)花

web_190213_A_m_yezoensis_FL_L600_H300_w1329dpi_PC_900.jpg


青空が覗いていた一日でした。ブラインドを閉じて画像処理をしていたので、詳細は不明です。17:00の気温マイナス9℃。
エゾノコンギクの花です。4月末からの展示に向けての作品の一つです。
標準的な個体を、と思いながら採取しては来るのですが、なかなか難しいです。エゾノコンギクにしてはちょっとピンクが濃いような気がします。エゾノコンギクはかなり白っぽいものからピンクのものまであるので、許容範囲の中ということにしておきます。
梅沢さんの新しい図鑑(梅沢俊,2018,北海道の草花,399pp,北海道新聞社)では、『ノコンギク:Aster microcephalus(エゾノコンギク)』という表記になっています。で、『北海道産は大形でエゾノコンギクと区別されることがある』。前の図鑑(梅沢俊,2007,新北海道の花,462pp,北海道大学出版会)ではエゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)でした。分類が変更になったのかどうか、手持ちの資料だけでは調べられません。キク科は変わることが多いので、素人にはちょっと荷が重い気がしています。
2017/09/16・2018/09/23

〔参考文献〕
本文中の2冊のほか
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:40| Comment(0) | Flowers