2019年02月10日

ハルニレ(Ulmus davidiana var.japonica)芽生え

web_190210_U_d_japonica_sp_L540_H360_PC_900.jpg


気温はマイナスのままでしたが、いい天気でした。金曜日に最高気温マイナス13℃を体験したので、一桁のマイナスの気温は暖かく感じられます。17:10の気温マイナス8℃。
ハルニレの芽生えです。2013年に、自生種というか地域性種苗にこだわるということで、ハルニレの苗木づくりに取り組みました。自分の家にもハルニレを播種した育苗箱を持って帰ってきて、観察していました。そのときの画像です。観察記録もあったはずですが、すぐには探せなかったので画像だけでも。
ハルニレは、札幌では4月末には開花し、5月末から6月初旬には結実して飛び散ります。『結実周期は不規則で、数年にわたって凶作が連続することもある』ということですが、豊作の時に北海道大学の構内に行くと翼果が歩道の縁などに吹きだまるようにたまっています。ほうきで掃けばタネを集められる状態です。
このときのタネはそこまで豊作だったところで採取したわけではありませんが、シードトラップを仕掛けておいてけっこうな数量を採ってきた覚えがあります。
ほかの樹種でも、自分でタネを採ってきて、播種して育てて画像を撮る。そこまでできればいいんでしょうが、性格がずぼらなのでなかなかできません…。
2013/06〜07

〔参考文献〕
森 徳典,1991,北方落葉広葉樹のタネ−取り扱いと造林特性−,139pp,北方林業会
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:32| Comment(0) | Etc