2018年11月05日

ユリノキ(Liriodendron tulipifera)黄葉

web_181105_L_tulipifera_y_leaf_181102_40_01-01_PC_900.jpg


曇り空ながら、今日もまずまずの気温。19:20の気温9℃。
ユリノキの黄葉です。札幌大通公園で拾ってきたものです。
アメリカ中部から東部にかけてが原産地、日本には明治の初めにもたらされたといいます。渡来には2つの説があって、一つは1878(明治9)年オーストリア大博覧会のときに田中芳男さんという人がタネを日本に持ち帰り、新宿御苑で発芽させ栽培したというもの。もう一つは明治初年、アメリカ人のモーレーさんという人が伊藤圭介さんという人にタネを贈り、それを自宅の庭で栽培したというもの。どっちが本当かなんて、もうわからないですよね。
和名の「ユリノキ」というのは、属名Liriodendron=「ユリ+木」で、これがそのまま和名になったのだそうです。属名の由来をもうちょっと詳しく書くと、leirion(ユリ)+dendron(樹木)。花の形がユリに似ているからといくことです。ユリノキの花、とっても高いところに咲いているので実物は見たことがありません。種小名tulipiferaは「チューリップ形の花のさく」ということ。英語名はtuliptreeとかtulip poplar。
とっても成長が速い樹種で、5年で樹高5.73m、10年で8.46m、…、30年で19.80mという記録が残っています。ヤナギ並のスピードです。
ユリノキに関しては「ユリノキという木 魅せられた樹の博物誌」という本が出版されています。ずいぶん昔に買い求めていたものですが、まだ中身を読んでいません。これを機にちゃんと読んでみようかしら。
2011/11/02

〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
上原敬二,1961,樹木大図説1,1309pp,有明書房
USDA Plants Databasae
https://plants.usda.gov/core/profile?symbol=litu(ユリノキ)
毛藤勤治・四手井綱英・村井貞充・指田豊・毛藤國彦,1989,ユリノキという木 魅せられた樹の博物誌,301pp,アボック社出版局
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:45| Comment(0) | 葉っぱだより