2018年10月30日

ハンノキ属6種の葉っぱ

web_181030_6_Alnus_back_60_181030_PC-01_900_02.jpg


今朝はいい天気、と思って出てきたらポツポツ。空は晴れているのに、路面は濡れています。手稲初冠雪とか、11:40の気温8℃。ぐぐっと寒さが身にしみます。
ハンノキ属6種の葉っぱです。昨日の「花のあとさき」という勉強会で利用したものをアレンジしました。図には記入し忘れましたが、マス目は1cmです。
上段左から、
ケヤマハンノキ(Alnus hirsuta var. hirsta
コバノヤマハンノキ(Alnus inokumae
ハンノキ(Alnus japonica
下段左から、
ミヤマハンノキ(Alnus viridis ssp. maximowiczii
ヒロハハンノキ(Alnus x mayrii nothovar. glabrescens
ウスゲヒロハハンノキ(Alnus x mayrii
ヒロハハンノキはハンノキとヤマハンノキ(Alnus hirsuta var. sibirica)の雑種、ウスゲヒロハハンノキはハンノキとケヤマハンノキの雑種とされています。
コバノヤマハンノキはもともと北海道に自生していたかどうか怪しい樹種です。ケヤマハンノキという設計にもかかわらずコバノヤマハンノキが植栽されている例を多々見ています。またこの画像のウスゲヒロハハンノキも同様にケヤマハンノキという設計箇所に植えられていたものです。種子採取の段階で混じってしまったのでしょうが、もう少し気をつけて欲しいものだと思います。
学名の変更もあり、ときどき整理しないとわけがわからなくなりそうです。
2012/07/03・2018/10/30

〔参考文献〕
佐竹義輔ほか編著,1993,フィールド版日本の野生植物 木本,219pp,平凡社
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info 2018/10/30
※nothovar.
偽の意味 交雑種などで亜種以下に相当する場合、nothovar. / nothof. のように使われます。
野山の花たち -東北と関東甲信越の花-,学名の見方10,
http://hanatachi.sakura.ne.jp/pl_y2/sub/gaku_n0.html, 2018/10/28
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:18| Comment(0) | 葉っぱだより