2018年10月27日

カスミザクラ(Cerasus leveilleana)紅葉

web_181027_C_leveilleana_r-leaves_181026_40_01-01_PC_900.jpg


午前中は警報が発令されるほどの大雨でした。札幌気象台のAMEDASデータによれば27日午前0時から午後0時までの12時間で60.5mmの降水量、午前10時〜11時までが最も雨脚が強く、時間雨量は22mmとなっています。私が住んでいる札幌市南区はこれよりももっと降ったのでしょうね。日中は比較的暖かく感じられ、17:30の気温は12℃。
カスミザクラと思われる落ち葉の紅葉グラデーションです。
実のところ、私はエゾヤマザクラとカスミザクラの葉の違いがよくわかっていません。これらの葉は大通公園に植栽され、カスミザクラの樹名板がつけられている樹木の根元から採取してきたものです。エゾヤマザクラは葉柄は無毛、葉の下面(裏面)は微粉白色・無毛であるのに対し、カスミザクラは葉柄に多少の開出毛があり、葉の下面は淡緑色または緑色で光沢があって開出毛があるとされています。紅葉し落葉した状態ではこれらの特徴は確認できませんでした。
来春、花とともに再確認ということにします。
2018/10/26

〔参考文献〕
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房

※AMEDAS
https://tenki.jp/amedas/1/2/14163.html
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 18:22| Comment(0) | Leaf