2018年10月26日

カラマツ(Larix kaempferi)

web_L_kaempferi_y_leafs_141012_02_01_300_PC_900.jpg


曇り。11:10の気温、14℃。まだコートなしの元気な人もいるけれど、私にゃちょっと無理ですな。
カラマツの黄葉です。4年前のもの、はて、今年はどうかしら?昨日は道北方面だったのでカラマツは少なく、黄葉の状態は印象に残っていません。
これを見ていると、葉先の方は光が十分に当たるのでクロロフィル(緑の色素)の分解が遅く、「光合成がんばってます」という感じ。同じ葉でも光が十分にあたらない根元の方は、クロロフィルは分解されてカロテノイド(黄色の色素)が目立ち「黄葉」となっています。
葉の紅葉・黄葉はクロロフィル・カロテノイド・アントシアニンで説明されますが、同じ一枚の葉でもグラデーションで変化したり、葉脈を隔てて異なる色になったり、不思議です。
2014/10/12
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:28| Comment(0) | Leaf