2018年10月07日

エゾノリュウキンカ(Caltha fistulosa)タネ

web_181007_C_fistulosa_FR_180627_01_01_1200_PC_900.jpg


曇り。雨、夕べから降り続いていましたが、今は止んでいます。幸い強い風は吹かず、「嵐」ではありません。11:50の気温15℃。
エゾノリュウキンカのタネです。
エゾノリュウキンカというよりヤチブキの方が通りがいいかもしれません。
6月末、ニセコに「森のようちえん」のお手伝いに行ったときに沢の小径で見つけていただいてきました。花の時期には目を奪われるのに、終わってしまうと見向きもしなかったかもしれません。初見です。
Wikipediaによれば、キンポウゲ科植物は『雌しべは多数の心皮が根本まで分かれており、それぞれに柱頭があって、それが寄り集まった構造をしている』ということ。だから袋果が開くとこんなふうにタネが出てくるのですかね。
と、書きつつも「心皮」のことがうまく理解できず、書けていません。
食べる話、北海道医療大学の堀田清先生のページをご覧下さい。
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2b-03ezonoryukinka.html
アイヌの人たちも食の材料として利用したようです。アイヌと自然 デジタル図鑑をご覧下さい。
http://www.ainu-museum.or.jp/siror/book/detail.php?page=book&book_id=P0258
2018/06/27

〔参考文献〕
Wikipedia,キンポウゲ科,https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%A6%E3%82%B2%E7%A7%91 ,2018/10/07
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:58| Comment(0) | Seed