2018年10月20日

シラカンバ(Betula platyphylla var.japonica)果穂とタネ

web_181020_B_p_japonica_seed_181020_40_01_1200_PC_900.jpg


午後からは曇ってしまいました、午前中は秋晴れ。久しぶりに裏山散歩、そして芸術の森経由というコースでした。21:10の気温6℃。もう暖房入れています。
シラカンバの果穂とタネです。
本当は先っちょのほうからバラバラとタネが飛び散っていくのですが、ガラス面に載せたたきに尻の方がらばらけてしまいました。薄い膜のような翼を持つものがタネです。ちょっと厚みを持った十字架のように見える部分は果鱗と呼ばれタネとタネを隔てる壁のような役割を果たします。
シラカンバの果穂は一斉にばらけてしまうことはなく、ひと冬かけてチビチビ(といってもけっこう大量ですが)と種子散布しています。3月末ころシラカンバが多い林縁などで積雪断面を観察すると、シラカンバのタネの果鱗が何層かに分かれて現れます。
シラカンバのタネは散布されてからの寿命が短いため、一斉に発芽条件が悪いところに飛んでしまうと生き延びることができません。このためいろんな条件のところ飛んでいけるように、ダラダラとタネが飛び散るものと考えられます。大げさに言えば、種としての生存戦略なのでしょう。
2018/10/20
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:33| Comment(0) | Seed

2018年10月15日

ホオノキ(Magnolia obovata)果実

web_181015_M_obovata_FR_181014_01_04_1200_PC_900.jpg


お昼ころまでは陽が照っていましたが、そのあとはぐぐっと曇って小雨もぱらつきました。20:50の気温8℃。なんかだらだら寒くなっていくなぁ、と思っていたらいつの間にやら紅葉のピークが過ぎてしまったような気がしてなりません。
ホオノキの果実です。拾ってきて2週間ほど室内においていたら、赤いタネがグイグイ顔を出してきました。ちょっと毒々しい赤です。これくらいの色じゃないと小鳥たちの目につかないのかしら?
実はこの投稿で1,000回になります。画像なしで投稿したこともあるので、画像はこれで998枚目です。
しばらく更新しなかったこともありましたが、2013年1月13日に初めて、以来約5年半、2100日。2.1日に1回の割合で投稿しています。けっこう三日坊主で終わることが多い中、私としてはこれは異例の長さで続いています。きっとあまり無理をしないでというか、肩肘を張らずにやっているから続いているのかもしれません。
集大成したら何かになるかしら、なんて欲は出さずに気の向くままこれからも続けていこうと思います。ま、とりあえず「目指せ2,000回」とでもしておきましょう。
2018/10/14
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 21:19| Comment(0) | Fruit

2018年10月14日

サラサドウダン(Enkianthus campanulatus)果実

web_181014_E_campanulatus_FR_181010_0_40_01_1200_PC_900.jpg


朝方はいい天気と思っていましたが、現在は全天雲に覆われてしまいました。11:50の気温13℃。気象レーダーを見るとこれから降りそうです。
サラサドウダンの果実です。
花が咲いているときには釣り鐘状の花冠が下向きにつくのですが、果実(刮ハ)は花柱が飛び出て上向きになります。断面は切ってはみたものの、タネをとりだしてスキャンするのを忘れていました。タネは5mmほどで、周囲に不規則な翼があるとか。また改めて採ってこなくっちゃ。
北海道では道南の一部と胆振地方の一部に自生しています。私が見たのは函館山の山腹だったかと記憶しています。「改めて採って…」と書きましたが、これは植栽ものです。
2018/10/10

〔参考文献〕
日野間彰, FLORA OF HOKKAIDO ,http://www.hinoma.com/maps/index.shtml
              ,http://abies.s16.coreserver.jp/maps/plants/f814a.html
三河の植物観察,サラサドウダン,http://mikawanoyasou.org/data/sarasadoudan.htm
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 12:09| Comment(0) | Fruit