2018年09月30日

イワガラミ(Schizophragma hydrangeoides)花

web_180930_S_hydrangeoides_FL_120714_40_01_1200_PC_900.jpg


台風24号の影響でしょうか、ずーっと厚い雲に覆われています。12:50の気温16℃。
イワガラミの花です。
今日も季節外れですが、整理の都合上ということです。
イワガラミにはウリヅタという別名もあります。秩父の山の方では食用としていたそうで、生の葉をもんで味噌をつけて食べると瓜の味がするので「ウリヅタ」という名前が付いたといいます。
まだ嗅いだことはありませんが、イワガラミもツルアジサイも4〜6月ころの新芽を摘むとキュウリの香りがするということ。この香りの成分は「青葉アルコール」・「青葉アルデヒド」・「キウリアルコール」などで、虫やカビに対する防御物質と考えられているそうです。
ところで、いろいろ整理していると「あらっ」と思うものを採取していないことがわかります。今回わかったのは、ツルアジサイの花や葉が未採取であったこと。葉はまだ大丈夫かな?花は来年です。
2012/07/14

〔参考文献〕
上原敬二,1961, 樹木大図説1,1300pp, 有明書房
川尻秀樹,2008,続・「読む」植物図鑑 樹木・野草から森の生活文化まで,204pp,全国林業改良普及協会



posted by Satoshi SONDA@ARCS at 13:12| Comment(0) | Flowers