2018年09月27日

ホザキシモツケ(Spiraea salicifolia)つぼみ・花・果実

web_180927_S_salicifolia_180921_40_01_A1_PC_900.jpg


曇り、薄日が差しています。9:00の気温13℃。今日は最高気温が20℃を下回るよう。秋ですね。
ホザキシモツケのつぼみ・花、そして果実です。
つぼみと花は2017年7月6日、果実は2018年9月17日採取で9月20日スキャンです。採取は、いずれも苫小牧市静川。来年の展示をイメージして、A1サイズに仕上げています。
ところでホザキシモツケ、一時期はRDB植物に指定されていたので、保全や移植・増殖はどうしようと話題になったことがあります。釧路湿原の縁辺で仕事をしていたときのことです。釧路博物館のSさんや辻井達一先生に相談したところ、簡単に挿し木で増やせるよ、とのことでした。そういえば、勇払川の調査に行ったときにひっくり返ったホザキシモツケから根が出ているのを何本も確認したことがあります。このタネをみると確かに播種からはたいへんかもしれないが、挿し木でできるんならやってみるか、と思ったものでした。結局、やらずじまいでしたが…。
2018/09/26

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 09:18| Comment(0) | Flowers