2018年09月03日

ネバリノギク(Symphyotrichum novae-angliae)花

web_180903_S_novae-angliae_FL_171021_40_01_1200_PC_900.jpg


午後から何となく雲行きが怪しいと思っていたら、家に着くころにはザーザー降りになっていました。20:30の気温18℃、そろそろ台風の影響が出始めているのかしら。
ネバリノギクの筒状花と舌状花です。
北海道ブルーリストA3、環境省要注意外来生物、日本生態学会日本の侵略的外来種ワースト100に登録され、悪者扱いです。 北海道ブルーリストには「観賞用に栽培され逸出」とありますが、北海道内ではちょっと違うのでは?と勝手に思い込んでいます。というのは、分布図を見ると苫小牧を出発点にあちこち広がったように思えるからです。何らかの形で港に上陸し、その後車にくっついたりしながら道路沿いに広がったのではないかと想像しています。
後日、エゾノコンギク・ユウゼンギクと並べて比較してみます。
2017/10/21

〔北海道ブルーリスト〕
http://bluelist.ies.hro.or.jp/db/detail.php?k=08&cd=396
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:51| Comment(0) | Flowers