2018年06月19日

アメリカハナノキ(Acer rubrum)芽吹きどき

web_180619_A_rubrum_leaf_03_01_01_180522_300_PC_w600.jpg


久しぶりに今日は暖かくなりました。17:10の気温、19℃。
アメリカハナノキの芽吹きどきの画像です。
5月中頃、「花のあとさき」という勉強会で話題にしようと思って、近所の公園に葉っぱをいただきに行ってきました。
北海道ではルブルムカエデとして紹介されていることが多いかもしれません。アメリカの東部が自生地で、南はフロリダ半島から北は五大湖を越えセントフローレンス湾まで達します。
ハナノキ(Acer pycnanthum)と似ていることからこう名づけられたのではないかと思います。和名の別名ではベニカエデという名もあるようです。英名はred maple, scarlet maple, swamp maple。原産地では沼沢地に生える、ということなので swamp mapleという名もあるのですね。
写真を見ると真っ赤に紅葉するようですが、まだ実物をたしかめたことがありません。今年の秋は確かめに行ってこよう…。
2018/05/22

〔参考文献〕
上原敬二,1961, 樹木大図説2,1203pp, 有明書房
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:25| Comment(0) | 葉っぱだより