2018年06月12日

ギョウジャニンニク(Allium victorialis)花

web_180612_A_victorialis_FL_180610_01_04_02_300_PC_600.jpg


夜半からの雨が降り続いています。6月も中旬だというのに10:10の気温は10℃、氷雨と言いたくなる気分です。
土日に黒松内の「ぶなの森自然学校」を訪れた際に、近くにある「自然農園ハル」を事業者の渡辺千春さんに案内していただきました。ブルーベリーやハスカップを中心とした自然栽培の果樹園です。「ついでに森の手入れのアドバイスを」と請われて入った森の中に咲いていました。
いつもは「食べる」だけに注目してしまって、花にまでは目を向けません。というか、花が咲くころのギョウジャニンニクは硬くなって食には適さないのでスルーしてしまっています。
以前、ニラの花をスキャンしたことがあります。このときほど臭いは強烈ではありませんでしたが、まぁ同様の香りが部屋に充満しました。
2018/06/10
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 10:40| Comment(0) | Flowers