2017年11月29日

セッコウボク(Symphoricarpos albus)花と果実

web_S_slbus_FL_FR_171022_01_02_300_L_PC_900.jpg


11月は一度もアップしていないことに気がつき、あわてて「蔵出し」状態でアップします。
お昼過ぎまでは比較的暖かかったのですが、夕方以降気温が下がり天気予報どおり雪が降ってきました。19:20の気温-3℃。ひょっとしたら融けてくれるかもと期待していたのですが、11月19日に積もった雪がそのまま根雪になりそうです。
セッコウボクの花と果実です。思いのほか遅くまで花が残っていたのにビックリしました。
北アメリカ北部からペンシルバニア・アイダホ・カリフォルニア州にかけて分布している落葉広葉樹。日本には明治末にもってこられたとか。もう二十数年前になりますが、10月末にオーストリアを訪ねたときに家庭の玄関先などにずいぶん植えられていて、そのときにはヨーロッパ原産なのだろうか、なんて思ったものでした。
学名はSymphoricarpos albus (L.)S.F.Blakeと記載しているものが多いのですが、YlistではSymphoricarpus sinensis Rehderとなっています。Gledhill(2008)では属名が『Symphoricarpos(us)』とされているので、属名についてはどちらでもよいのかもしれません。園芸関係の図鑑はあまりもっていないので、わかりかねているところです。
2017/10/22

〔参考文献〕
勝木謙蔵,1994,シンフォリカルポス属,園芸植物大事典1,1185,小学館
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2017年11月29日)
David Gledhill,2008,THE NAMES OF PLANTS FOURTH EDITION,Cambridge University Press
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:58| Comment(0) | Fruit