2017年07月02日

ギンリョウソウ(Monotropastrum humile)果実

170702_web_M_humile_FL_170202_40_02_300_L_PC_900.jpg


時折陽が差すこともありましたが、一日中どんよりと曇っていました。本州の梅雨のような、とまではなりませんが、蒸していました。夕刻からは気温低めです。21:40の気温15℃。
ギンリョウソウの果実です。
花の後、ドローっと融けているような状態は見たことがあったのですが、果実は初めてお目にかかりました。図鑑では液果とありますが、この状態ではまだどろどろした感じはしません。切断した後タネを確認してみたのですが、それらしいものは見当たりませんでした。「…、後日茎が倒れ果実はつぶれて、地上に種子をまき散らす」とあるので、熟すのはこれからかもしれません。採取地でマーキングまではしてこなかったので、タネを確認できるかどうか…。トラップを仕掛ければよかったかなぁ。
2017/07/02

※ギンリョウソウのタネはこちらのページに載っていました。
松江の花図鑑 ギンリョウソウ
http://matsue-hana.com/hana/ginryousou.html
〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:05| Comment(0) | Fruit