2017年06月10日

ホワイトクローバー(シロツメクサ・Trifolium repens)花

170610_web_T_repens_FL_170607_01_01_300_L_P_600.jpg


ここのところお決まりのように週末は雨です。今日も夕べから降り続いています。10:50の気温12℃。昨日より10℃も低い…。
ホワイトクローバー(シロツメクサ)の花です。その昔、吹付工事をやっていたので、今もってシロツメクサというよりホワイトクローバーという言い方の方が馴染んでいます。
マメ科の蝶形花冠。後ろで大きく広がっているのが「旗弁」、万歳しているように見える2枚の花弁が「翼弁」、中心で2枚の花弁が拝むように合わさっているのが「竜骨弁」。蕊は竜骨弁の中に収まっています。
ホワイトクローバーでは小さくて作業しにくいので、ルピナスかニセアカシアで一度分解してみましょう。
今日はこれから「針」の時間。体をもみほぐしてもらいに出かけます。
2017/06/10

〔参考文献〕
清水建美,2001,図説植物用語事典,323pp,八坂書房
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:13| Comment(0) | Flowers