2016年10月29日

アズキナシ(Sorbus alnifolia)果実

161029_web_S_alnifolia_FR_161022_01_02_300_600.jpg


一見暖かな陽射し。風は冷たく、小春日和と呼ぶにはちょっと寒かった。16:10の気温2℃。
アズキナシの果実です。
アズキナシの名前の由来、牧野先生は『小豆梨はナシに比べて果実が小さいためであり…』と書いているのですが、これだけではよくわかりません。上原先生は『ナシの花に似て白色』と書いているので、花はナシに似ているが果実が小豆のように小さく赤いのでアズキナシになった、と推測しています。
バラ科ナナカマド属に分類されますが、アズキナシ属(Aria)として独立しているという見解も出されています。APG体系の植物分類表ではナナカマド属ですが、「植物和名ー学名インデックス YList」ではアズキナシ属としています。
2016/10/22

〔参考文献〕
牧野富太郎,1961,牧野新日本植物図鑑,1060pp,北隆館
上原敬二,1961,樹木大図説2,1203pp,有明書房
大場秀章編著,2009,植物分類表,511pp,アボック社
米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」YList,http://ylist.info 2016/10/29 閲覧
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 16:34| Comment(0) | Fruit

2016年10月19日

マムシグサ(Arisaema serratum)果実

161019_web_A_serratum_FR_161014_01_50_300_600.jpg


秋晴れの一日でした。明日からは気温も下がり平地でも雪が降るかも、という天気予報も聞かれます。今年最後の秋晴れかね、なんて話をしていました。20:30の気温5℃。
マムシグサの果実です。雑に持ち帰ったので、集合果の一部がぽろぽろこぼれ落ちてしまいました。
分類上やっかいな種類です。マムシグサはコウライテンナンショウも含むテンナンショウ属数種の総称という見解が多いようです。梅沢さんはマムシグサの項で「道内のものはコウライテンナンショウと呼ばれる型」と書いています。ただコウライテンナンショウは別種扱いでArisaema peninsulaeiという説もあります。学名もマムシグサはArisaema japonicumで、Arisaema serratumはsynonymとしているものも。
マムシグサを含むテンナンショウ属は性転換することでも知られています。テンナンショウ属植物は地下に貯蔵物質を蓄える球茎を持ちますが、この大きさで雌雄が決まるとのこと。球茎が小さいうちは花茎をつけず、ある一定の大きさになると雄の個体になり、さらに大きさを増すと雌の個体に。何らかの原因で球茎が小さくなるとまた雄に戻るのだそうです。動物でも雌雄転換する種類はあります。動物は逆戻りすることはありませんが、植物の場合は可逆的な変化が可能なことが動物との大きな違いとなっています。
自分ではじっくりと観察したことはないので、今回は全部引用です。
2016/10/14

〔参考文献〕
邑田仁,1996,テンナンショウ,週刊 朝日百科植物の世界123,11-84〜11-89, 朝日新聞社
梅沢俊,2007,新北海道の花,462pp,北海道大学出版会
学名・分類は、米倉浩司・梶田忠,2003-,「BG Plants 和名−学名インデックス」YList,http://ylist.info 2016/10/19 閲覧
木下栄一郎,1996,植物の「雄・雌」と性転換,週刊朝日百科 植物の世界,111,10-94〜10-96,朝日新聞社

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 20:41| Comment(0) | Fruit

2016年10月16日

ウリノキ(Alangium platanifolium var. trilobatum)葉柄

161016_web_A_p_trilobum_petiole_161014_01_50_300_600.jpg


晴れ、ポカポカ陽気です。11:30の気温20℃。歳のせいか週に3回もフィールドに出ると土日はゆっくりしたくなります。今日はお出けなしでダラダラ。というか、午後からは無線LANの設定。最近この手の作業、苦手だなぁ…。
ウリノキの葉柄です。
何気なく葉を1枚採ってきましたが、よく見ると葉柄が空洞です。冬芽は葉柄内芽といって葉柄の中に形成され、葉が落ちないと冬芽は現れないタイプです。葉が落ちた後に見ると、冬芽が馬蹄形の葉痕で囲まれています。キハダやモミジバスズカケノキなどもこのタイプです。
また採ってきて、もう少し詳しく観察しなくっちゃ。
《ウリノキの冬芽》
頂芽:http://scanbotanica00.sblo.jp/article/88660356.html
側芽:http://scanbotanica00.sblo.jp/article/88742349.html
※お勉強用
葉柄:petiole
葉柄基部:base of the petiole
(英辞郎on the WEBより)
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 11:47| Comment(0) | Etc