2016年03月23日

ノリウツギ(Hydrangea paniculata) 装飾花

160323_web_H_paniculata_pseudanthium_160320_01_01_300_450.jpg


雪のち晴れ、その後曇り、というお天気でした。今朝はほんの1時間くらいで3cmほど積もりました。まぁ、融けるさ、と雪かきもせず放っておきました。19:20の気温マイナス2℃。
ノリウツギの装飾花です。
日曜日に滝野公園に遊びに行ったときに拾ってきたものです。カメラで遊んで、そしてスキャン。よく見ると4枚ではありません。2枚が癒合というのか合着というのか、くっついています。今日でしたか、昨日でしたか、八重になったツルアジサイの装飾花、というのをFB上で拝見していたので、これくらいならさもありなんとは思ったのですが、まぁこれも珍しいかな。
葉脈(というのかしら?)がきれいに見えます。脈の部分だけ残したレース状のもの、偶然見ることはありますが、探そうと思うと見つかりません。今年の春にでも探してみようかしら…。
2016/03/20
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 19:31| Comment(0) | Etc

2016年03月20日

ポプラ(Populus nigra var.italica) 頂芽と横断面

160320_web_P_n_italica_ab_160313_41_01_300_450.jpg


曇り、さらっと降ってきました。17:40の気温マイナス4℃。また寒のぶり返しかとも思える寒さ、でも平年並みなのでしょう。昨日まで暖かかったので、ちょいブルブルっときた春分の日でした。
ポプラ(黒ポプラ・セイヨウハコヤナギ)の頂芽とその断面です。
頂芽は5稜あり、ということで、触ってみるとそれはわかりました。「見える化」しようと横断面を切ってみましたが、比較的柔らかい冬芽で、カミソリを当てたときにつぶれてしまいました。明瞭に5稜は認識できません。
残念…。
2016/03/13

〔参考文献〕
斎藤新一郎,2009,フィールド版落葉広葉樹図譜,399pp,共立出版
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 17:59| Comment(0) | 冬芽

2016年03月19日

ポプラ(Populus nigra var.italica) 側芽

160319_web_P_n_italica_lbud_160313_40_01_300_450.jpg


曇り、空いち面どんよりしています。時折パラパラと落ちてきています。久しぶりに裏山彷徨と思っていたのですが、中止。ブログを書いています。8:40の気温3℃。
ポプラ(黒ポプラ・セイヨウハコヤナギ)の側芽です。
「側芽は、2/5のらせん生で、伏生し、紡錘形で、やや扁平し、先がとがり、長さ5〜8mm」とあります。さらに「芽鱗は赤褐色をし、無毛で、つやがあり、2〜3枚がみえ、いくらか樹脂をかぶる」そうです。赤褐色ではありませんが、無毛、つやがあって、というのはこの画像からもわかります。このほか「托葉痕は明らかで、三日月形」とあるのですが、この画像では不明瞭でよくわかりません。
頂芽が5稜をもち、というのを後日、といっておきながら忘れていました。明日にでも。
2016/03/13

〔参考文献〕
斎藤新一郎,2009,フィールド版落葉広葉樹図譜,399pp,共立出版

posted by Satoshi SONDA@ARCS at 08:56| Comment(0) | 冬芽